list

気分をリフレッシュさせるオススメのセルフマッサージ3選

SNSでシェアしよう!

普段からマッサージをしていますか?マッサージはなにもサロンなどに行かなくても、セルフマッサージである程度効果を得られることができるのです!

■マッサージクリームやオイルを使うと手軽に自宅でマッサージが出来るよ♡

自宅でのセルフマッサージの際も、クリームやオイルを使うとマッサージしやすくなり、またリラックス効果も高めることができるでしょう。

・【1:フェイスマッサージ】 専用クリームを使うと効果的!おめめパッチリ効果もあるよ!

フェイスマッサージはセルフマッサージの中でも比較的効果が出やすいと言われています。
フェイスマッサージをするときはあらかじめ首筋や鎖骨、わきの下などをほぐしてから行うのがポイントです。
肌に負担をかけないよう専用のクリームを使い、額、口の周辺、小鼻、フェイスライン、目の周辺、頬と順番にケアしていきましょう。

顔のマッサージのポイントはとにかく優しく触れることです。
顔の皮膚はとても薄いので、強い力でマッサージしてしまうと赤くなったり色素沈着したりとマイナス効果。

毎日続ければ顔全体のむくみが解消し、目元もスッキリしてくるので、パッチリな目になってくると言われています。

・【2:頭皮マッサージ】 ここを注意すればリフレッシュ効果に!

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行促進による美髪効果やリフレッシュ効果が期待できます。
頭皮マッサージのおすすめタイミングは入浴前。
ホホバオイルやアルガンオイル、椿オイルなどを使って頭皮をマッサージすると、毛穴の汚れを浮き上がらせてくれますよ。
オイルマッサージ後、そのままシャンプーすればいつもよりスッキリ感が得られるでしょう。

頭皮はとても傷つきやすいので、必ず指の腹でマッサージするようにして、爪を立てないようにしてくださいね。
また、強い力や長い時間のマッサージはNGです。長くても10分くらい、優しい力で行ってくださいね。

・【3:ボディーマッサージ】 足のマッサージは下から上へ!

ボディーマッサージのときも、お気に入りのクリームやオイルを使いましょう。
1日働いた体はむくみが出ている状態です。

脚や指のむくみは感じやすいと思いますが、実は二の腕などもむくみが出ていることが多いので、できれば全身くまなくマッサージしていきましょう。
特にむくみやすい足は下から上に、足元に溜まった老廃物や余分な水分を足の付け根に流すようにケアしていきましょう。

■セルフマッサージにオススメなクリームやジェルについて♪

ここからはセルフマッサージの時におすすめのクリームやジェルをご紹介します。

・皮膚科で採用されているハイドロキノンクリーム!

美白したいなら強力な美白成分であるハイドロキノンを配合したクリームもおすすめです。
ハイドロキノンクリームの効果をより高めるためには、マッサージするようにしっかりと塗り込んで肌の奥に浸透させることが大切です。
市販されているものはハイドロキノンの濃度が1~4%と低濃度となっていますが、ハイドロキノンクリームは皮膚科でのシミ治療などにも採用されているほどですから、効果はお墨付きですね。

・つるつる肌を目指すならボディスクラブ・マッサージソルト

肌のゴワつきやザラつきが気になる人はボディスクラブやマッサージソルトがおすめです。
古くなった角質を優しく取ってくれるので、ザラザラ感やくすみ、黒ずみを改善し、ツルツルの肌にしてくれるでしょう。
一見、ボディスクラブやマッサージソルトを使うと、肌が乾燥するかと思われますが肌を保湿してくれるオイルが入っているので、乾燥からも守ってくれます。

・ダイエット効果を期待したいならホットマッサージジェル

むくみ改善やリラックスだけでなく、ダイエットもかねてマッサージをしたいなら、ホットマッサージジェルがおすすめです。
発汗作用を高めてくれるので、マッサージ後はスッキリ感も得られます。
ホットマッサージジェルを使ってリンパケアをすれば一石二鳥。
お風呂で使える商品が多いので、簡単なのもポイントです。

■贅沢な自分時間に楽しくセルフマッサージしてみて

いかがですか?セルフマッサージに慣れないうちは、やりにくかったりマッサージを忘れたりすることもあるかもしれません。
でも習慣化すれば短時間でもしっかりマッサージできるようになりますよ。

クリームやオイルを自分の気分に合わせてチョイスすることで、たちまちマッサージタイムがリラックスできる贅沢な時間になることでしょう。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報