list
気になるオーガニックコスメの使い方。自然な美しさを引き出すために

ファンデーションをつけなくてもいいほど、美肌になる方法を教えます

SNSでシェアしよう!

健康志向が高まる一方で、オーガニック認知度がまだまだ低い日本。ファンデーションや化粧品で肌荒れしたことのある人も少なからずいると思います。化粧品はきれいになるはずのアイテムなのに、実は肌や身体を傷つけているのかもしれません。

オーガニックコスメとは、そもそもどんなものなのでしょう。エコや敏感肌用? 地球や身体に優しそうだけど、シミまでは改善できない? また、高価なイメージや自分の肌に合うかどうかなど……。いまいち使うメリットがわからないという方も多いはず。例えば、痩身エステだったら痩せるため、美容皮膚科だったらシミやニキビなどの肌トラブル改善や美白など明確な目的がありますね。

そこで、今回はオーガニックコスメを使用するメリットと目的について考えてみましょう。

■オーガニックコスメは「長期的継続型美容」ケミカルコスメは「短期的集中型美容」

オーガニックコスメは、長期的継続型美容。ケミカルコスは、短期的集中型美容。

オーガニックコスメ(植物系化粧品)とケミカルコスメ(石油系化粧品)との大きな違い。それは、石油系化粧品はイメージでいえば、自然成分が空っぽの油が主体で、植物の豊かな成分は存在しないこと。

現在は石油系化学成分の製造技術が過去よりも進化しているため、素肌に害はないとされる成分も多く、市販されている化粧品のほとんどに含まれています。しかし、界面活性剤や石油系化粧品に未だ懸念する女性も少なくないのでは。

「素肌を健康にしたい」女性からすれば、ケミカルコスメは「日常使い」にポジティブな効果は感じにくいところがあるかもしれません。“健康よりも、きれいを優先する短期的集中型美容”がケミカルコスメ。“きれいよりも、健康を優先する長期的継続型美容”がオーガニックコスメといえると思います。

長期的継続には、エシカル(倫理的=環境保全や社会貢献)コスメが素肌にも地球にも優しいのはいうまでもありません。ゆっくり継続することは、志向性のものとして、のちのち自分の肌に反応が出てくることを実感するものなのです。

また、コスメも、作り手が誰をターゲットに何を目的で開発したのか、コンセプトが明確かどうか。入っている成分はどこからとってきたものか、どんなふうに製造されたのか、などというバックストーリーが実は大事だったりします。

とはいえ、オーガニックだけに気持ちがとらわれてしまうのも疲れてしまいますから、まずはクレイやハーブ、ヘナや精油などの自然素材から始めてみるのもよいでしょう。生分解する環境にやさしい素材のものを毎日活用することで、素肌にも優しく作用していくことを日々実感することと思います。

■オーガニックコスメ難民が増えている?

アトピーなどで、ステロイドがやめられない人は外的刺激に弱くなってしまい、急にオーガニックコスメに切り替えると肌荒れを起こす恐れもあります。また、ファンデーションの摩擦で悪化してしまう可能性も。

そんなときは、いくつかのメーカーのものを試してみるとよいでしょう。化学反応を起こさない植物成分が、自分の肌に合っていれば継続できると思います。オーガニックコスメの専門家(オーガニックビューティセラピスト®)の指導があれば安心ですね。

現在は、オーガニックコスメメーカーが増えすぎて、成分だけ見てもなにがいいのかわからずに「オーガニックコスメ難民」※に陥っている女性も多いといいます。全成分表示されている成分表のなかから、化学成分を見分けにくいということもありますが、自分の肌に合うのは成分だけでは図れないというのも事実です。

例えば、熱を加えたらオイルは劣化してしまいます。パウダーの製造過程ひとつでも乾燥をまねく原因が潜んでいます。オーガニック製品の本質がわからないまま我流で使い続けて、「なにか違うな……?」という疑問点が出てくると結局やめてしまう人も多いのです。正しい使い方をすることで有効活用するために、まずは、オーガニックコスメを使う目的を考えてみましょう。

■ファンデーションを卒業するオーガニックスキンケア

痩身エステは、ダイエット。目標とする体重や体型に向けて達成することが目的ですね。オーガニックコスメもゴールを明確化するかがポイントです。日焼けをしない。ファンデーションをつけない。本来のゴールは、ファンデーションが要らないくらい地肌が健康で美しくなることです。それに、肌がきれいだったらファンデーションなしでもいいですよね。

ファンデーションを塗りたくて塗っている女性は、本当は一人もいないのではないのでしょうか……。

オーガニックコスメを使用する目的を考えると、正しい「オーガニックスキンケア」を学ぶことの大切さが理解できるでしょう。本当の健康素肌にするために、一生続けるスキンケアを見つめ直してみてはいかがですか。きっと、ファンデーションを卒業できるはず。

何ごともそうですが、目的、目標を明確化すること、なりたい自分のビジョンをもつことからのスタートが、真に健康で美しい自分になる第一歩なのです。


次回は、夏の紫外線ダメージをオーガニックコスメでケアする「オーガニックサンケア理論」についてお話します。



----------------
【解説】

※「オーガニックコスメ難民」とは?

現在、都市型商業施設にて「オーガニックコスメ」が店頭に多く並ぶようになり、時代は石油系コスメから植物系コスメに移行しつつあります。

消費者の人たちは、ケミカルコスメを購入し使用することに慣れているので、それらと同じ感覚でオーガニックコスメのパッケージ買いをし、「使用方法」「保管方法」「効果の出方」を認知しないまま使用してしまいます。

結果、間違った使用方法により「オーガニックコスメを使ったのに効果が得られない」、または「肌が荒れてしまった」などという理由で、オーガニックコスメをやめてしまう方が急増しているようです。

このような人たちのことを、巷では「オーガニックコスメ難民」と呼ばれています。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報