なかなか減らない…“余りチーク”活用術

SNSでシェアしよう!

ネイルやリップよりも流行りに左右されないのがチークと言えシーズンごとに買い替える人はそう多くはないかもしれませんが、それでもメイクボックスにチークが余っている、という人は少なくないと思います。そんな余っているチーク、上手に活用できたらいいですよね?

アイシャドーとして活用

明るい色味が多いチークは、アイシャドーとしても活用できます。パウダ―タイプのチークも練りチークも活用可。淡い色なら涙袋の部分やアイホール全体に使うことができるでしょうし、濃い色なら目の端のポイントメイクとして大活躍します。

普段ベージュなどの落ち着いたアイシャドーが多い人は、印象を変えることができるかもしれませんよ!

リップに乗せる

チークの中にはリップにも使える便利なものもありますが、そういった商品でなくともリップに使うことができます。例えばあらかじめ淡い色のリップを塗っておいたうえにちょっと華やかな色味のチークをポンポンと乗せるだけで、ナチュラルかつ可愛らしい印象に仕上げることができるのです。

髪の生え際にも

髪の生え際は、ファンデーションの境界線が目立ちやすい部分なので、しっかりとぼかしておかないと厚塗り感が出てしまいます。でも、うまくぼかすのはなかなか難しいもの。そこで使えるのがチークです。

チークを髪の生え際に薄く塗ると、ファンデーションをぼかしてくれ、厚塗り感を解消するだけでなく顔全体に立体感を出してくれるでしょう。それによって小顔効果も期待できますから、試す価値はありそうですね!

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Related Posts