大人可愛いショートヘアに、誰でも失敗しないポイントは?

SNSでシェアしよう!

「ロングヘアもいいけどちょっと気分を変えてみたい!」そう思っている人なら、大人可愛いショートヘアにしてみませんか?
今回はショートヘアの魅力とおすすめスタイルを一挙ご紹介します!

一度はやってみたい!ショートヘア


ショートヘアにすると顔のパーツが際立つこともあり、いつもと同じ笑顔もより魅力的に見えるというメリットがあります。
また小顔効果もばっちりなので、顔を小さく見せたい人にもおすすめなのです。

・まだまだ冷めないショートヘア人気
季節の変わり目や気分を一新したいときに髪型を変えてイメチェンする女性は多くいますが、ロングヘアやミディアムヘアの人が、ガラッとイメチェンするのにもってこいのヘアスタイルがショートヘアです。
ショートヘアは人気スタイルのひとつで、ヘアサロンやヘアカタログの人気スタイルのランキング上位にいつも入っているのです。わかりやすくイメチェンできることも人気の理由だと思いますが、スタイルによって可愛らしく見せたり、ボーイッシュに見せたり、色っぽく見せたりできる自由度の高さも人気の秘密と言えそうです。

・失敗するのが怖いし、男性ウケも気になる!
「でも…男性って髪の長い女性が好きですよね?」
こんな声が聞こえてきそうですが、実はショートヘアは男性ウケ間違いなしのスタイルなのです。女性なのに髪が短いギャップ、首筋にドキッとする、スタイルが良く見える、清潔感がある…といった意見が多いので、男ウケの心配はご無用です。
たくさんのショートヘアを仕上げてきた美容師さんなら、その人にピッタリなスタイルを提案してくれますから失敗の心配もないでしょう。

・初めてのショートなら大人可愛いショートボブがおすすめ!
初めてショートヘアにするとなると、ドキドキするのは当然だと思います。
周囲は似合っていると思っていても、見慣れないスタイルに本人が違和感を感じてしまうことも少なくないでしょう。
もし心配ならやや長めに仕上げたショートボブがおすすめです。大人可愛く見えるショートボブなら、変にボーイッシュになることもありませんし、ヘアアレンジもしやすいと思います。
失敗もないと思うので最初の一歩としてショートボブは最適ですよ。

大人可愛いショートボブのポイントは?


ここからは初心者さんにもおすすめの大人可愛いショートボブのポイントについてお話ししていこうと思います。

・一番大切なのはボリュームの位置!
基本的に、ボリュームはトップに出しましょう。トップにしっかりとボリュームを出して、毛先を遊ばせるようにし、全体的に“ゆるふわ”に仕上げるのがポイントです。
ブローだけでボリュームが出せないときは、マジックカーラーなどを使ってクセをつけたり髪の内側に軽く逆毛を立てたりりしてもいいですよ。
忙しい朝やどうしても決まらない日は、前髪をふわっと上げたポンパドールアレンジもおすすめです。

・前髪の長さでも、印象ががらっと変わる
ロングヘアでも前髪の長さで印象は変わりますが、それ以上に前髪の変化で印象を変えることができるのがショートヘアの楽しさです。
短めだと元気な印象になりますし、短めでもぱっつんにするとスタイリッシュな印象に、やや長めでサイドに流せば可愛らしい印象になります。
また前髪を伸ばしてワンレングスにすればキレイめな印象にもなれるのです。ファッションに合わせて前髪をチェンジしてもいいですね。ショートボブなら前髪を編み込むなどのアレンジもできるので、ヘアスタイルの幅がかなり広がると思いますよ。


・ポイントとなる点をおさえて、しっかりと美容師さんに伝えよう
似合うショートボブに仕上げてもらうためには、しっかりと美容師さんに要望を伝えることが大切です。
可愛い感じにしたいのか、大人っぽくしたいのか、カラーやパーマの希望はあるのか、髪のスタイリングは得意なのか…経験豊富な美容師さんなら、それらの要望を聞いて上手に仕上げてくれるでしょう。イメチェンの際に失敗しないコツは、美容室に行くときにイメチェン後に着たい洋服で行くことです。
美容師さんも人間ですから、どうしてもその日に着て行った服装に合うヘアスタイルに仕上げてしまうこともあります。
ですから、イメチェン後に着たいファッションで行けば、そのスタイルに合わせた髪型に仕上げてくれるのではないでしょうか。

まとめ:ヘアアレンジでショートな気分を楽しむのもアリ♪

これを読んで「ショートヘアにしてみたいな」と思っていただけたら嬉しいです。でも、まだ勇気がない、日によってロングヘアもショートヘアも楽しみたい、というような場合は、ヘアアレンジでショートヘアを楽しんでもいいですね。
毛先を隠すように髪全体を首筋側に巻き込んでピンで留めればショートヘア気分が楽しめます。本格的にカットする前に、似合うかどうか試してみるのもおすすめですよ!

SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Related Posts