menu
西洋式リフレクソロジー

西洋式リフレクソロジー

WESTEM-STYLE REFLEXOLOGY

西洋式リフレクソロジーってたくさん種類があるけど、
一体どんなことをするんだろう?
用語の意味や施術の内容が事前にわかれば、
もっとエステを楽しめるかも?
西洋式リフレクソロジーについてご紹介します。

西洋式リフレクソロジーWESTEM-STYLE REFLEXOLOGY

西洋式リフレクソロジーとは

西洋式リフレクソロジーは、「Reflex=反射」+「logy=学問」を合わせた言葉で、「反射学」という意味をもつトリートメント方法です。

人間のからだの臓器や各器官が、足裏などに反射関連しているという考えに基づいたトリートメントで、足裏や足の甲にある「反射区」を指でくまなく刺激します。

その刺激により、全身の機能を活発にし人間が本来持っている「自然治癒力(病気を予防し、からだ自身が健康になろうとする力)」を正常な状態に戻すという考えを元とした足裏健康法です。

現在、リフレクソロジーは「西洋式」と「東洋式」大きく分けられます。

通常、リフレクソロジーといえば、ヨーロッパで発達したリフレクソロジーのことを指しますが、東洋で生まれた足裏健康法が「東洋式リフレクソロジー」と呼ばれるようになってから、区別のために「西洋式リフレクソロジー」と呼ばれるようになっています。

西洋式リフレクソロジーの効果

「第2の心臓」といわれる足。それは心臓から送り出された血液が、全身の細胞や組織に酸素や栄養分を与え、老廃物などを受け取って再び心臓へ戻る際に、からだの末端部分にあたる足がポンプの働きをするためです。

西洋式リフレクソロジーは、その足に直接働きかけることによって、全身の血液やリンパ液の流れを促進し、新陳代謝を活発にして、自然治癒力を高めてくれるといわれています。

それと同時に、人の手だけを使い、アロマオイルやパウダーを使用しておこなう西洋式リフレクソロジーは、深いリラクゼーション効果やむくみ改善などの効果が期待できます。

西洋式リフレクソロジーと東洋式リフレクソロジーの違いは?

アメリカ・イギリス・フランスなどで普及している"西洋式リフレクソロジー"と、中国や台湾などで普及している"東洋式リフレクソロジー"。2つの最も大きな違いは「刺激の強さ」です。

西洋式リフレクソロジー

"痛みはストレス!"という西洋の考えから比較的ソフトな刺激で、反射区をゾーン(面)でとらえ、指の腹を使って心地よさを重視したトリートメントを行います。

また、トリートメントを行う際には、パウダーやブレンドオイル、アロマオイルなどが使用されます。

東洋式リフレクソロジー

"痛みの強いものほど良い!"という東洋の考えから比較的強い刺激で、反射区を経絡やつぼ(点と線)でとらえ、指の関節や器具を使い比較的強い刺激のトリートメントを行います。

また、トリートメントを行う際には、素肌に直接、あるいはクリームなどが使用されます。

西洋式リフレクソロジーの豆知識

リフレクソロジーを受けた後に、のどが渇くと感じる人も多いようです。それは体内の活動が活発になるためといわれています。

トリートメント後は、体内の活動をさらに促すために水分を十分にとると良いそう。ミネラルウォーターや、ハーブティーなどが◎。

西洋式リフレクソロジーはこんな方にオススメ

西洋式リフレクソロジーはこんな方にオススメ
  • ・リラックスしたい、癒されたい
  • ・疲れをとりたい
  • ・むくみ、肩こりなどを改善したい