menu
カッピング(吸い玉)

カッピング(吸い玉)

CUPPING

痩身エステってたくさん種類があるけど、
一体どんなことをするんだろう?
用語の意味や施術の内容が事前にわかれば、
もっとエステを楽しめるかも?
カッピング(吸い玉)についてご紹介します。

カッピング(吸い玉)CUPPING

カッピング(吸い玉)について

カッピングは、「吸い玉」とも呼ばれ、体の背中やお腹などに真空状態になったカップをつけて吸引し、滞った血液やリンパ液の流れをスムーズにする方法です。

老廃物を身体の外へ出すことで、冷え・凸凹脂肪・むくみ・肩こりなどの改善に効果が期待できます。

カッピング(吸い玉)の効果

カッピング後のお肌は何色?

カッピング後に跡がつくのは、滞った血液が皮膚の下に溜まるから。 黒くて紫色の肌の反応が出るほど血液の流れが滞っています。

カッピング(吸い玉)の施術方法

まず足湯や、ジャグジーなどで身体を温めベッドにうつ伏せになります。

そして疲れが溜まっている場所や気になる部分を中心に、身体の状態に合わせ吸引力を調整し、カップの中を真空状態にしていきます。なお吸引している時間は長くても3分程度です。

吸引が終わったらハンドトリートメントなどで揉みほぐして終了です。

カッピング(吸い玉)のよくある質問

Q)カッピングはどのくらいの間隔で受けたほうがいいですか?

毎日、週に2、3回、1週間に1度でも大丈夫です。ただし身体に負担がないよう体調を考えながら受けましょう。

Q)カッピングをしてはいけない時はありますか?

激しい運動をした直後や、食後1時間以内は控えましょう。

カッピング(吸い玉)の豆知識

現在は安全面・衛生面を考えてガラス製やプラスチック製品を使っていますが、昔は竹の筒を使っていたそう。

中国や日本以外でも、インドやヨーロッパでもカッピングについて記されている書物が残されているほど歴史が深いものだそうです。

カッピング(吸い玉)はこんな方にオススメ

カッピング(吸い玉)はこんな方にオススメ
  • ・冷えやすい
  • ・疲れがとれにくい
  • ・頑固なコリ
  • ・慢性的な疲れ
  • ・凸凹脂肪が気になる