menu
ラジオ波(高周波)

ラジオ波(高周波)

RADIO WAVE

痩身エステってたくさん種類があるけど、
一体どんなことをするんだろう?
用語の意味や施術の内容が事前にわかれば、
もっとエステを楽しめるかも?
ラジオ波(高周波)についてご紹介します。

ラジオ波(高周波)RADIO WAVE

ラジオ波(高周波)について

ラジオ波は、高周波で体を深部から温めて、新陳代謝アップ、たるみの改善、サイズダウンなど、様々な美容効果が期待できるマシンです。

ラジオ波(高周波)の効果

セル脂肪の分解を促進

代謝が活発になり、太ももやお腹などにできやすいセル脂肪の分解を促進します。 皮膚のデコボコがなくなるのが目に見えてわかる方も多くみられます。

サイズダウン

脂肪の燃焼効果を高め、メリハリあるボディラインを作ります。今までサイズが合わなかったスカートやパンツが、履けるようになることで実感される方もいます。

冷え性・むくみを改善

血液の循環をスムースにすることで、冷え性やむくみの改善が期待できます。きつかったブーツが施術直後に履きやすくなることで実感される方もいます。

エイジングケア

コラーゲンやエラスチンを増やし、お肌にハリを与え、表面を滑らかに導きます。

リラクゼーション

自律神経系にも働きかける心地よいトリートメントでリラックスできます。

ラジオ波(高周波)の施術方法

ラジオ波(高周波)を脂肪やたるみの気になる部分に照射します。ラジオ波は皮膚や脂肪の奥深くまで届き、電子レンジのように体内の水分などを振動させて、ジュール熱(摩擦熱)を発生させます。

これにより、体の内側から体温を上げていき、3~5℃、局所的に7℃まで上げて脂肪や老廃物の排出を促進させるといわれています。

ラジオ波(高周波)のよくある質問

Q)ラジオ波の熱さってどれくらいですか?

ラジオ波の原理は電子レンジに似ており、体内の水分や細胞分子を振動させることで熱を発生させます。体表面ではなく体の奥から温めていくので、ほんのり温かく感じる程度です。

Q)何回くらいで効果が出ますか?

ほとんどの方が、1~2回程度で引き締め効果や体脂肪の減少などの効果を実感できるといわれていますが、効果や施術期間については個人差がありますので、まずはエステサロンで体験してみることをおすすめします。

Q)体温が低いとどうなりますか?

たとえば、体温が1度低いと下記のような悪影響があるといわれています。

・脂肪を溜めこみやすく、痩せにくい体になる
・免疫力が37%低下し、アレルギーや感染症になりやすくなる
・体内酵素の働きがおよそ50%低下し、疲れやすさ・だるさが残りやすくなる
・がん細胞やウイルスが増殖しやすくなる
※体温が35℃前後の時にウイルスが最も活発に活動を始める為

※エステティックにおけるラジオ波は、病気の治療・予防目的には使用できません。

ラジオ波(高周波)の豆知識

個人差がありますが、体温が1℃下がると代謝が大幅に下がるといわれており、 1日あたりに換算すると、なんと700kcal分もカロリーを溜め込んでしまうことになるのだとか。

1か月に換算すると約1~2kg体重が増加する計算になります。

ラジオ波(高周波)はこんな方にオススメ

ラジオ波(高周波)はこんな方にオススメ
  • ・代謝が悪く、太りやすい
  • ・小顔になりたい
  • ・セル脂肪を改善したい
  • ・体温が低い(平熱が35℃台)
  • ・しみ・しわ・たるみが気になる