list
バウエルセラピー

バウエルセラピー

エステメニューは、一つひとつの施術内容や効果がわかれば、もっと身近なものに。ここではデトックス・代謝アップの「バウエルセラピー」についてご紹介します。

バウエルセラピーについて

バウエルセラピーは、お腹をもみほぐすことで、腸内の働きをよくし、老廃物や身体に溜まった余分な水分を出しやすくする方法です。

またサンスクリット語で「カティ」は腰のこと、「バスディ」は溜めるという意味といわれています。代謝や自然治癒力のアップ、消化吸収力を高めるなどの効果が期待できます。

「腸をもむこと」がカラダにいいワケ

健康な腸は、栄養や水分を吸収しながら身体に不要なものを排出する運動をしています。これを「蠕動(ぜんどう)運動」といいます。そして身体に不要なものが便となり、排出されていきます。

しかしストレス・不規則な食生活・運動不足などにより、腸の働きが低下すると、身体に不要なものをどんどん溜めこんでしまいます。

その状態が続くと、お腹が張る・便秘がちになる・肌荒れがひどくなる等の原因になります。 そこで腸をもむことによって、腸の働きを活発にして、排出を促します。

バウエルセラピーの効果

腸の働きが活発になるため、身体の老廃物が排出しやすくなります。 それにより、お通じ・代謝が良くなることや、多くの女性の悩み、「冷え」の改善にも効果が期待できます。

バウエルセラピーの施術方法

1:フットバスで全身を温める

血液の循環やリンパの流れが滞りやすい足を温めます。 全身の血流がよくなり、トリートメント効果を高めていきます。

2:小腸~大腸をもみほぐす

栄養素の消化・吸収を行う小腸と、水分の吸収を行う大腸をもみほぐしていきます。

指や手のひらで円を描くようにさすったり、軽く圧をかけて刺激することで腸にこびりついた老廃物や余分な水分を流していきます。

この時、便秘がちの人やお腹が張っている人は、鈍い痛みを感じる時があります。その場合は、セラピストに伝えましょう。

3:水分を補給する

トリートメント後は、白湯、またはハーブティーなどで水分補給をし、老廃物を尿として身体の外に排出しやすくします。

バウエルセラピーのよくある質問

バウエルセラピーは、腸内洗浄と同じ意味ですか?

いいえ、腸内洗浄とバウエルセラピー(腸セラピー)は方法が違います。腸内洗浄は体温と同じ温度の浄化された水を体内に入れ、腸内の働きを整えることです。

バウエルセラピーは手でお腹をもみほぐすなど、体外からの刺激によって腸内の働きを整えていく方法です。

バウエルセラピーを受けてはいけない人はいますか?

気分が優れない方はもちろんのこと、妊娠中・生理中・子宮に病気を抱えている方は避けた方がよいでしょう。個人差はありますが、痛みを感じる場合もあります。

バウエルセラピーの豆知識

バウエルセラピーの誕生のきっかけは、10年以上も前。台湾人の医師が「腸もみ」という名前で日本に広めに来たことがきっかけだそうです。

バウエルセラピー(デトックス・代謝アップ)向きの人

・お腹が張る
・代謝が悪い
・手足が冷えやすい
・便秘がち
・肌あれが気になる

その他のエステメニュー(デトックス・代謝アップ)