list
デジタルネイル

デジタルネイル

エステメニューは、一つひとつの施術内容や効果がわかれば、もっと身近なものに。ここではジェルネイルの「デジタルネイル」についてご紹介します。

デジタルネイルとは

デジタルネイルは、爪専用のマシン(ネイルプリンタ)を使い、爪にインクを吹き付けて色やデザインをプリントしていくネイルアートです。

デザインは約1800種類あり、繊細なアートができる点や、1本あたりのプリント時間が短いのが特徴です。

デジタルネイルの効果

・短時間で繊細なアートができる。
・通常のネイルアートに比べ、安価でできる。

※デジタルネイルは平面のアートしかできないため、立体的なアート(ラインストーンやレース)については、デザインをプリントした後にネイリストが手作業で行います。

デジタルネイルの施術方法

1:ネイルケア

爪専用のやすりや道具を使い、爪の形・表面、甘皮(爪の生え際に沿ってはりついた皮)などを整えます。

2:ベースコート~カラーリング

爪を保護する目的のため、ベースコートとよばれる爪の下地を塗ります。その後、好みの色のポリッシュ(マニキュア)を塗ります。

3:デザインをプリント

デザインを選び指先をネイルプリンタにセットすると、爪に染料が吹きつけられ、アートがプリントされていきます。1本約1分~2分ほどでプリントされます。

4:仕上げ

プリントした爪を保護し、ツヤを与えるためのトップコートを塗ります。

デジタルネイルのよくある質問

どのくらい持ちますか?

約10日~2週間ほど楽しむことができるといわれています。

デザインはどのようなものがありますか?

フラワー・リボン・蝶・水玉・チェック・アニマルなど、さまざまなデザインがあります。また、マシンによっては写真画像をプリントできるものもあります。豊かな色調が表現できるのも、デジタルネイルの魅力のひとつといえます。

デジタルネイルの豆知識

デジタルネイルに必要なネイルプリンタは、日本で生産されているものは、ほとんどなく、海外から取り寄せる必要があるそうです。

そのため、デジタルネイルを受けることができる店が限られているそうです。

デジタルネイル(ジェルネイル)向きの人

・いろいろなネイルを試したい
・短時間でネイルアートをしたい
・安い価格でネイルアートをしたい
・写真のようなリアルなアートをしたい

その他のエステメニュー(ジェルネイル)