list
ジェルネイル

ジェルネイル

エステメニューは、一つひとつの施術内容や効果がわかれば、もっと身近なものに。ここでは「ジェルネイル」についてご紹介します。

ジェルネイルとは

ジェルネイルは、水飴状のジェル(液剤)を爪にのせて、UVライトで固めて作る人工爪のことです。

飴細工のようなツヤのあるネイルを楽しめることや、ジェルネイルの上からマニキュアを塗ったり、落としたりすることができるのが特徴です。

また、ジェルネイルで使用するジェル(液材)は臭いもほとんどないため、爪につける際に独特の臭いがするスカルプチュアネイルは苦手、という方でもネイルを楽しむことができるといわれています。

ジェルネイルの種類

ジェルネイルには大きく分けて「ソフトジェル」と「ハードジェル」の2つの種類があります。

「ソフトジェル」と「ハードジェル」の違いは、仕上がりの柔らかさ・硬さ、ジェルネイルをオフする(落とす)際のプロセスなど、それぞれに特徴があります。

ソフトジェル

<メリット>
・柔軟性に優れているため、自然な仕上がりになる。
・ジェルオフをする(落とす)際は専用のリムーバーを使えば簡単に落とせる。
・ジェルの定着をよくするために行う、サンディング(爪の表面に軽く傷をつけること)をしなくてもよい。

<デメリット>
・硬さのある爪を作ることができない。
・柔らかい仕上がりのため、長さを出すネイルには不向き。

ハードジェル

<メリット>
・硬さがあるので、衝撃に強い。
・ソフトジェルに比べ、持ちが良い。
・硬い仕上がりになるため、長さを出すネイルに向いている。

<デメリット>
・ソフトジェルに比べ、つける際に時間がかかる。
・ジェルをつける前やジェルオフをする(落とす)際は、爪の表面を削る必要があるため、爪に負担がかかる。

ジェルネイルの効果

爪の弱い人や、割れやすい爪の人でも気軽にネイルを楽しむことができます。

また、ジェルネイルの上からマニキュアを塗ったり、落としたりすることができるため、その日の気分やファッションに合わせてネイルの色を変える楽しみ方ができます。

ジェルネイルの施術方法

1:ネイルの長さと形・甘皮(爪の生え際に沿って張りついた皮)を整えます。
2:地爪にジェルをのせて延ばし、UVライトに当てて固めます。
3:2で行った爪にカラーリングやラメなどのアートを行います。
4:その上にカラーやラメを定着させるため、さらにジェルをのせUVライトで固めます。
5:最後にキューティクルオイルで爪先に潤いを与えます。

ジェルネイルのよくある質問

UVライトを手に当てても日焼けやシミになったりしませんか?

シミや日焼けの原因は紫外線のB波によるものですが、ジェルネイルで使用するUVライトには、B波が含まれてないA波を使用するため、日焼けやシミの原因になることはないといわれています。

どれくらい持ちますか?

個人差がありますが、約2~3週間ほど楽しむことができます。ただし、水仕事やデスクワークが多い方、爪が乾燥しやすい方などは、ジェルネイルが剥がれやすくなっています。もし剥がれた場合はその部分だけお直しすると良いでしょう。

ジェルネイルの豆知識

ジェルネイルは、スポーツ界からも注目されているそうです。野球の投手は爪の保護のためにマニュキュアを塗るとのこと。もしかしたら今後はジェルネイルをするスポーツ選手が増えるかもしれませんね。

ジェルネイル向きの人

・爪が弱い
・二枚爪のケアがしたい
・爪を噛むくせがある
・ツヤのあるネイルを楽しみたい

その他のエステメニュー(ジェルネイル)