list
夏冬関係なく使える“衣類乾燥テクニック”とは
画像出典:

夏冬関係なく使える“衣類乾燥テクニック”とは

SNSでシェアしよう!

雨が続く日やジメジメ湿度が高い日はどうしても洗濯物が乾きにくいため、カビやニオイが気になりますよね。今回はそんな悩みを解決するテクニックをご紹介します。季節を問わず使えるテクニックで、部屋干しのストレスから開放されましょう!

こまめに洗濯をする

大切なのは一度に大量の洗濯物を干すことを避けるため、できるだけこまめに洗濯をすること。節約したい、面倒だから、と洗濯物を溜めてしまうとその分1回で大量に干さなくてはならないので、乾きにくくなってしまいます。

最近の洗濯機には時短モードもありますから、そういった機能を活用しながらこまめに洗濯をしましょう。それだけでも1回の干す量が減って乾きやすくなりますよ。

浴室に干す

なんとなく湿度が高そうなイメージの浴室ですが、実は浴室は洗濯を干すのにおすすめの空間なのです。浴室には必ず換気扇と窓がついていますよね。洗濯物を干す30分~1時間前に窓を開けて換気扇を回すと、浴室全体の湿度がグッと下がります。

洗濯を干している間もずっと窓を開けて換気扇を回しておけば、洗濯物から出る湿気を外に逃がして洗濯物を早く乾かせてくれるのです。

新聞紙と扇風機を使う

最後にご紹介するテクニックは新聞紙と扇風機を使う方法です。新聞紙は除湿効果に優れているため、昔から押入れに丸めて入れるなど、湿気取りに利用されてきました。

洗濯を早く乾かす場合は、洗濯物の下に新聞紙を敷き、扇風機で洗濯物に風が当たるようにしてみましょう。扇風機の風で洗濯物の水分を外に移動させ、それを新聞紙が吸い取ってくれるのです。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報