list
今さらだけど覚えよう!結婚式“お呼ばれマナー”徹底解説

今さらだけど覚えよう!結婚式“お呼ばれマナー”徹底解説

SNSでシェアしよう!

結婚式の招待状を貰うと、嬉しくなるのと同時に結婚式のマナーについて不安になるものですよね。いくら気心知れた人の結婚式だからと言って、礼儀を欠いてしまっては折角の二人の門出に泥を塗ってしまうことにもなります。今回は、そんな結婚式に呼ばれた場合のマナーを幾つかご紹介します。

招待状について

結婚式のマナーは、招待状から始まります。最近は、招待状も色々な形式のものが存在しますが、基本的に返信は縦書きのものが主流です。差出人が先方のご両親の場合も大いに有り得るので、返信は友達感覚で気軽に書かないように注意しましょう。また、はがきの返信は届いてから2~3日中にするのが理想的です。結婚式当日の予定が定まっていない場合は、電話で相手に直接、返信が遅くなる旨を伝えましょう。

ご祝儀について

ご祝儀の金額は、頭の痛い問題でもあります。少なすぎても多すぎても、問題になってしまいます。一般的にご祝儀は、友人の場合は2~3万円、親族の場合は3~10万円ほどの間だと言われています。また、二という数字は二つに割れると言う意味で、ご祝儀の金額としてはふさわしくないとされる場合もあります。同じような理由で四、九の数字の付く金額も縁起が悪いとされるので、避けるようにしましょう。

服装のマナー

比較的有名なマナーとして、花嫁と同じ白い服はNGというものがあります。その他にも女性の場合、露出度の高い服装などは控えましょう。爬革のバッグやファー(フェイクも含む)が殺生を連想させて不吉であるとしてNGの場合もあります。男性の場合もスーツはビジネススーツではないものを選びましょう。また、花婿より目立つデザインのものは避けましょう。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報