list
ふくらはぎを細くしたいなら…「温める」のが正解!

ふくらはぎを細くしたいなら…「温める」のが正解!

SNSでシェアしよう!

ふくらはぎを細くしたいのに、思うように細くならないと思っていませんか?巷にはふくらはぎの部分痩せテクが溢れていますが、それらの部分痩せ法と併せて知っておくべき「ふくらはぎを細くするためのコツ」について、今回はまとめてみました。

ふくらぎは冷えやすい?!

指先やつま先に冷えを感じる女性は多いようですが、実はふくらはぎも非常に冷えやすいパーツのひとつです。心臓から足先まで運ばれた血液を心臓に押し戻すポンプの役目を持つふくらはぎですが、ここが冷えてしまうとポンプの働きが悪くなり、血行が悪くなってしまいます。さらに、ふくらはぎが冷えることによって腰や肩の痛み、全身の冷え、むくみなど、体のあちこちに不調をきたしてしまうと言われているのです。当然、ふくらはぎ自体もむくみによって、太くなってしまうでしょう。

ふくらはぎを「温める」

ふくらはぎの冷えによる不調やふくらはぎの太さを解消するなら、しっかりと温めてあげればいいわけです。ふくらはぎを温めることで全身の血行がスムーズになり、ふくらはぎに溜まった余分な水分や老廃物もうまく排出できるようになってくるでしょう。ふくらはぎは冷えやすいとお話ししましたが、実は温まりやすいパーツとも言われています。しっかりと温めてあげることで不調が改善し、ふくらはぎもスッキリ細くなってくるのではないでしょうか。

実践!ふくらはぎの温め方

では、具体的にどうやってふくらはぎを温めたらいいかをお話ししましょう。まずはレッグウォーマーや長めの靴下などを用いて温める方法。寝るときも、締め付けの弱いレッグウォーマーなら、圧迫感を気にすることなく効率的にふくらはぎを温められますね。他にも足湯や小さめのカイロを用いる方法はおすすめです。カイロを使うなら、貼るタイプのものを靴下の上から貼るのが良いでしょう。ご紹介した方法は、どれも今すぐ実践できる簡単なものですから、ふくらはぎの部分痩せに興味がある人は試してみてくださいね。

関連キーワード

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円