list
あなたの生理痛の症状は?つらさのピークを知って先回りケア!
画像出典:

あなたの生理痛の症状は?つらさのピークを知って先回りケア!

SNSでシェアしよう!

生理痛とひと言でいっても、頭痛や腹痛など人によって様々な症状があります。また、それぞれの症状にはピークとなる時期があります。予め生理痛の症状やつらい時期を知っておくことで、仕事を早めに切り上げるようなスケジュールにしたり、家事を休んだりと、先回りケアができるようになります。

腹痛

生理痛の症状でまっ先に思い浮かぶのが腹痛です。これは子宮から血液などを排出しようと、子宮が収縮するために起こります。 子宮の収縮にはプロスタグランジンという女性ホルモンが関わっており、分泌量が増えると収縮が強まり腹痛も強くなります。

腰痛

子宮の収縮を引き起こすプロスタグランジンは、体の他の部分も収縮させてしまうことがあります。 背中から骨盤にかけてもそうで、その結果、腰のあたりの筋肉がこわばって固くなり、腰痛が起こってしまうのです。

倦怠感や精神面の不調

プロスタグランジンが過剰に分泌されると、下半身にだるさが出たりして倦怠感があらわれることもあります。 また、情緒不安定などの精神面での不調を引き起こすこともあります。

頭痛

生理中は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。 この急激な変化に対して、ホルモンを司っている脳の視床下部という部分が血管を拡張させる指示を出し、それによって頭痛が起きやすくなると考えられています。

胃痛

生理中にキリキリとした胃の痛みを覚える人もいますが、これもプロスタグランジンの分泌の仕業です。

吐き気

プロスタグランジンは胃も収縮させるため、胃痛だけではなく吐き気も引き起こします。 ムカムカするだけではなく、実際吐いてしまう人もいるほどです。

めまい

生理時にめまいを起こす場合は、血行不良や貧血が疑われます。 体外に血液が排出されるため脳に十分な血液が流れ込まずに、その結果、めまいを起こす原因になることがあります。

イライラ

生理中にはホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れることがあるため、 感情のコントロールがうまくできずにいらいらしやすくなることがあります。

症状のピークは生理初日から2日目

生理痛の症状には、一番ひどくなるピーク時期があります。 個人差はあるにせよだいたい生理初日から2日目といわれています。

生理周期が不規則ではなく、次の生理時期がわかる人は生理痛のピーク時期も予想がつくので、 前もってスケジュールを調整するなどして、その時期は無理をしないで過ごすようにしてくださいね。

いかがでしたか。生理痛には実にさまざまな症状がありますが、ほとんどはプロスタグランジンの分泌によって引き起こされるものです。 プロスタグランジンの分泌を抑えるためには、スムーズに経血が排出されることが大切。

そのためには普段から体を、特に下半身を冷やさない、ストレスを溜めない、食生活に気をつけるなど、生活習慣を見直すように心がけてください。

(著者: Rucora編集部)

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

執筆者

あなたのオンライン婦人科
体の不調や気になる症状は、あなたの都合に関係なくやってきます。
特に女性特有の病気や性病は、なかなか人に相談しにくいこともあり不安を抱えたままの女性も多くいます。
・気になる女性の病気や症状がわかりやすく解説…

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報