list
マスクで肌トラブル!原因はメイク落としの選び方?
画像出典:
adobe

マスクで肌トラブル!原因はメイク落としの選び方?

SNSでシェアしよう!

皆さん、こんにちは。パーソナルメイクトレーナーの池内ひろこです。

毎日マスクをしていると肌が荒れてきませんか?しかも、乾燥する季節に突入して、肌荒れがが悪化したという方も…。

そんな方がサロンにいらした時には、「まずはメイク落としを見直しましょう!」とお伝えしています。今までの経験から、クレンジングが肌に与える影響が大きいと考えているからです。

今回は、マスク時代にこそ気をつけて欲しい、“メイク落としのポイント”をお伝えします。

肌をキレイにするのも、ダメにするのもメイク落とし次第

皆さんがスキンケア用品を購入する際、時間やお金をかけて選ぶアイテムは何でしょうか。メイク落とし?洗顔?化粧水?美容液?クリーム?

たくさんアイテムがある中で、私の美容部員時代の感覚で想像するに、多くの方が“クリーム”に気を遣っていると感じています。

実際、乾燥肌のせいで「保湿が1番大事!」と考えている方も多く、中には、「洗顔後は肌がつっぱるからすぐに何か塗らないと!」という方もいらっしゃいます。

私も乾燥肌なので、その気持ちはよく分かります。でも実は、一番気を付けて欲しいのは“メイク落とし”です。

スキンケアアイテムの中で、洗浄力が最も強いと言われているのがメイク落としです。走って汗をかいても、多少マスクにメイクが移っても、ほぼ1日中顔に付いたまま取れないメイク。CMでは「24時間キレイ長持ち」なんて謳い文句がある程です。

そんな強力に張り付いたものを、メイク落としは一瞬で溶かし落としてしまうので、やはりその洗浄力はあなどれませんね。しかも、仕事・家事・育児に忙しい現代女性のために、1秒でも早く簡単に落ちるメイク落としが求めらる傾向を感じます。

そんな消費者のニーズを組んでか、ドラッグストア等で売られているメイク落としも、やはり洗浄力の強いものが多いと感じます。

数あるメイク落としの中で、自分の肌にあったメイク落としを見つけることはとても重要です。

肌をキレイにするのも、ダメにするのもメイク落とし次第
画像出典:
adobe

お家にメイク落としは何本ありますか?

皆さんはお家にどれくらいのメイク落としを持っているでしょうか。 私の肌感覚で恐縮ですが、きっとメインに使っているものが1本。もしかしたら、貰い物などでさらに1~2本持っているという方が多いのではと思います。

さらに質問です。皆さんは、メイク落としをきちんと使い分けできているでしょうか?

「え?!使い分けってどういうこと?!」「いつも同じの使ってるから・・・」いろんなご意見がありそうです。今回は、メイク落としは使い分けることができる、ということをぜひ知って頂きたいのです。

メイク落としには洗浄レベルに個体差があります。日々、強力なものが増えている中でも、洗浄レベルは様々。ですから本当は、その日のメイクの濃さに合わせて、メイク落としを変えるのがお肌に良いとされています。

メイク落としは何を選んだら良いの?

何もメイク落としを10本常備して!とは言いません(笑)でも、2本、こだわるなら3本あるとなお良し。おすすめのクレンジングタイプを3つお伝えします。

①乳液タイプ

洗浄力が比較的弱いクレンジングです。油分と水分が混ざっているので、石油系界面活性剤を気にする人には不向きです。また、濃いメイクは落ちにくく、一部残るかもしれません。

逆に言えば、洗浄力が弱く肌への刺激が弱いため、長く使い続けてもカッサカサになりにくいのが長所です。

日常のメイクは、乳液タイプで落ちるくらいが、お肌をいたわるという点では丁度良い濃さと思います。あなたの普段のメイクは、乳液タイプで落ちる濃さでしょうか?

②オイルタイプ

一番洗浄力が高いと言われているのが、オイルクレンジングです。オイルのように透明でトロミのある液体がメイクと混ざり、水を混ぜると白く乳化します。

どんなメイクもキレイサッパリ落ちるので、「これ1本でいい!」という手軽さはあるものの、メイクが薄い日にも使い続けると肌は少しずつパサパサと荒れてくることが多いです。

顔に赤みが出てくる方も。オイルクレンジングは、メイクが濃い日のみに使いましょう。(マスクのせいでアイメイクのみの人は、目だけオイルクレンジングもOK!)

③フェイス(ボディ)用オイルや乳液

肌が敏感で、クレンジングを使うと荒れてしまう方に試してもらいたいのが、ただのオイルor乳液です。クレンジングではないので洗浄力は最も弱く、濃いメイクは落ちませんが、さらっとした薄いメイクなら落ちます。

あまり長時間肌の上に置かず、素早く取るようにしてください。ティッシュを置くようにして吸い取らせ(ゴシゴシ擦らない)、洗顔をします。乳液をメイク落としとして使うのはちょっと贅沢ですが、洗浄成分がないからこそ安心して肌にのせられます。

「マスクで肌がボロボロ・・・」という日のスペシャルクレンジングにもおすすめです!

メイク落としは何を選んだら良いの?
画像出典:
adobe

メイク落としを何本も持つのはお金がかかる!←それって本当?

私は仕事柄、毎日たくさんの化粧品を自分の顔で試します。塗っては落とし、塗っては落としの繰り返し。化粧品で被れるということはない肌ですが、ごくたまに肌が大荒れすることがあります。

それは、メイクとメイク落としのバランスが悪い時です。メイクが落ちないのが気になって、何度もゴシゴシすると、その部分は乾燥します。本来であればオイルクレンジングで一気に落とした方が良いのです。

また、薄いメイクをオイルクレンジングで一気に落とすと、そのうち肌にツッパリ感が出て、乾燥します。さらに、マスクのせいで肌の状態は悪化。その度に「横着してしまった・・・」と反省(笑)

これは極端なケースかもしれませんが、メイク落としによって(正確には、メイク落としに含まれる何らかの成分によって)日々、肌が少しずつ荒れているかもしれないという可能性を知ってもらいたいのです。

とは言え、「メイク落としを使うな!」ということではありません。落とさない方が、それはそれで肌には問題です。ただ、不要に洗浄力の高いメイク落としを使うことで、「全てが落ちたからキレイになった!」という程、肌は単純ではありません。気づいた時には「あれ?なんか肌が元気ないな・・・」となることも。

万が一、状態が悪化した時には、皮膚科に行ったり薬を塗ったり、多大なコストがかかってしまう場合もあります。そうならないようにする1つの工夫として、メイク落としを数種類常備しておくという方法もあるのです。

マスクをした状態でも、外した状態でも、健やかな肌でいたいものです。良かったら試してみてくださいね。

執筆者

池内 ひろこパーソナルメイクトレーナー
池内 ひろこパーソナルメイクトレーナー

経歴
・ビューティージャパン東京大会2019グランドファイナリスト
・ビューティージャパン日本大会2019ロイヤーズコーチング賞
・ビューティージャパン日本大会2019ベストビジョンプランニング賞受賞
・東京カレンダー…

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
adobe 

PR

Related Posts

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円