list
デートも自信♡ お家で簡単にできる「うるうるリップ」ケア
画像出典:
Adobe Stock

マスク下の唇は大丈夫?お家で簡単うるうる♡リップケア

SNSでシェアしよう!

マスク生活が続き、唇が乾燥気味に。唇がしわしわガサガサだと、自信を持ってバレンタインデートに挑めないですよね。

また、マスクを外さなくてはいけないとき、ぷるんとうるおった唇が覗くと、肌全体がみずみずしい印象になり、健康的なセクシーさを感じさせるので男性はドキッとさせられます。

そこで、家でもできる集中リップケアをご紹介します。マスク生活に負けないモテ唇をゲットして。

なぜマスク生活だとガサガサ唇になりやすいの?

もともと唇はデリケートな部分。皮膚とは違い、皮脂膜や角質層がとても薄いからです。また角質の水分量が少なめなのに加え、水分が蒸発するスピートも速いので、すぐに乾燥してしまいます。

冬は空気が乾いていて、他の季節よりもガサガサ唇になりやすいですよね。さらにこの冬はマスクをしていることで、意外にも例年より唇の乾燥が進みやすいのです。

<マスクが唇に与える悪影響>

(1)外したときに水分が蒸発
マスクをしていると、蒸れて湿気がたまっていきます。この状態だと唇がうるおっているように感じるかもしれません。しかし、マスクを外した際、唇についた水分が蒸発します。そのとき、唇の水分まで一緒に奪われてしまうので、結果的に乾燥を招くのです。

(2)摩擦による荒れ
マスクが触れていると、摩擦が気になりますよね。話すときはもちろん、着け外しするたびに摩擦が起こります。唇が乾燥していると、よりデリケートな状態に。外的刺激を受けやすいので、普段以上に荒れやすくなり、負のループに…。

(3)日中のリップケア頻度が減少
日中、こまめにリップクリームを塗り直す習慣がある方もいらっしゃるでしょう。しかし、マスクを外せない時間が長いほど、リップケアの頻度が落ちてしまいます。ただでさえ乾燥しやすいのに、しっかりとケアできないのもガサガサ唇の原因です。

画像出典:
Adobe Stock

夜のラップパックで集中リップケアを

日中のリップケアが難しくても、お家で集中ケアすることは可能です。特に就寝前は、しっかりとしたケアができるのでオススメ。

唇が乾燥して皮がむけてしまっていても、角質表面だけがむけている場合がほとんど。1週間程度で角層が生まれ変わるため、今からケアしてバレンタインに間に合わせましょう!

簡単3ステップで、ぷるんとしたリップで彼を魅了して。

(Step 1)ホットタオルで唇を柔らかく

洗顔後の清潔な唇に、ホットタオルを唇に当てましょう。温めることで唇がふやけて柔軟になり、その後に塗る美容成分が浸透しやすくなりますよ。

タオルは肌当たりの良いものを選んで。また、火傷には十分気をつけてくださいね。

(Step 2)ワセリンや薬用リップクリームを塗る

スペシャルケアには、ワセリンがオススメ。リップクリームよりも保水力や密閉力が高いからです。

ワセリンのベタつきが苦手な方は、薬用リップクリームを使って。

塗る際は、唇の縦じわを埋めるよう、優しく縦方向に塗ってください。唇への負担が少なくなります。

特に荒れが気になる場合は、ワセリンとハチミツを1:1で混ぜたものを使ってみて。ハチミツには栄養素がバランスよく含まれており、乾燥や荒れのケアにもぴったりだからです。

ワセリンや薬用リップクリームを塗る
画像出典:
Adobe Stock

(Step 3)ラップパックでふっくら唇に

ワセリンかリップクリームを塗った上から、カットしたラップで唇を覆いましょう。唇のパックは呼吸が苦しくて苦手だという方は、真ん中に切り込みを入れてもOK。
目安は3〜5分程度。特に乾燥が気になるときは、10分までパック時間を延ばしましょう。
湿潤療法のような状態になるので、皮むけも治りやすくなりますよ。

唇パック用のシートも発売されているので、ラップの感触が苦手だという方はチェックしてみて。
ラップパックで、思わずキスしたくなるようなモテリップに!

ラップパックでふっくら唇に
画像出典:
Adobe Stock

日中も気をつけて、健やかな唇を保とう

マスクをしていると、今までとは違った悩みも出てきますよね。唇ケアで気をつけたいことは2つ。

(1)落ちにくいリップに注意

落ちやすいリップだと、マスクについてしまいますよね。そこで活躍するのがティントなど、落ちにくいリップアイテム。
確かに便利ですが、染料が入っているタイプが多く、角層まで染色するものもあります。これらはクレンジング時も落ちにくいため、負担がかかります。

また、マットリップも落ちにくいのですが、唇が乾きやすいです。

唇の荒れが気になるときは、落ちにくさ重視のリップアイテムを避けた方が無難。薬用リップに切り替えて。
色付きリップクリームは、マスクに色移りしにくく、クレンジングも楽なためオススメです。


(2)紫外線対策もしっかりと

紫外線は1年中降り注いでいます。夏だけでなく冬も対策しましょう。

リップケアでの紫外線対策は油断しがち。紫外線ダメージは、唇の乾燥やくすみの原因になってしまいます。
UV-Aはガラス越しに入ってきます。室内にいても、窓から紫外線を浴びることに。知らず知らずのうちにダメージが蓄積するので注意して。

また、マスクの種類によっては、紫外線を透過するものも。マスクをしていても、紫外線ダメージを受けることがあるのです。

そのため、日中はUVカット効果のあるリップアイテムを使用するのが望ましいでしょう。

日中も気をつけて、健やかな唇を保とう
画像出典:
Adobe Stock

バレンタインもばっちりな色っぽリップへ

例年とは違った冬で、ガサガサ唇に悩んでいた方は、ぜひお家ケアでぷるんとしたリップをゲットしてください。

今はお家デートの機会も多くなっています。セクシーな唇は、男性も思わずドキッとしてしまうかも…!

しっかりとケアして、彼の心もつかんじゃいましょう。

バレンタインもばっちりな色っぽリップへ
画像出典:
Adobe Stock

執筆者

西田 彩花美容ライター
西田 彩花美容ライター

取得資格
・美容薬学検定1級(2014年6月)
・日本化粧品検定1級(2015年5月)
・コスメコンシェルジュ資格
・第2回コスメコンシェルジュコンテスト金賞受賞(2017年)
・JMA メイクアップアドバイザー検定…

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円

24/7 PCフッター固定