list
美容効果抜群★旬の秋鮭(サーモン)でエイジングケア
画像出典:
Photo by 國塩亜矢子

美容効果抜群★旬の秋鮭(サーモン)でエイジングケア

SNSでシェアしよう!

抗酸化作用の高いアスタキサンチンや良質たんぱく質などが豊富な鮭(サーモン)。これからの季節は脂の乗った秋鮭やサーモンが特においしいですね!

そんな栄養満点の旬の魚を日々の食卓に取り入れて旬の味覚を楽しみつつ、体の内側からキレイを磨きませんか?

秋に老化が加速する3つの原因

大きく季節が変わる秋。温度や湿度の急激な低下により体調を崩しやすいばかりではなく、お肌のゆらぎなど美容面でも不調をきたしやすい時期です。原因をしっかりと知り、事前に防ぐことでエイジングケアを叶えましょう。

【1】乾燥肌
何といっても、秋は湿度が急激に下がります。日中はまだ暑く感じる日もありますが、空気中の湿度は明らかに減っているので、夏と同じスキンケアを続けていてはお肌が乾燥してかさつきのある老け肌に。しっとりと潤うスキンケアへの切り替えに加え、お肌を潤してくれる食事の工夫をすることも大切です。水分補給に加え、うるおい作りのために良質な脂質も欠かせません。

【2】ストレス
気温の変化に対して、体温調整が追いつかないと風邪など体調を崩しやすくなります。こんな時期は、無意識のうちに体に疲れやストレスが溜まりやすいもの。羽織物などの衣類で体温調整を上手に行うことはもちろん、リラックスできる趣味の時間や、のんびりとリフレッシュできるバスタイムなど、心身ともに疲れがたまらない工夫が大切です。疲労回復効果のある栄養素を摂ることも欠かせません!

【3】冷え
急激に朝晩の気温が下がるこの時期は、冷えにも注意が必要です。冷え性の自覚がない人ほど油断して足元やお腹周りが冷えやすかったり、低体温が続くなど「隠れ冷え性」に注意が必要。体を温める服装を心がけ、冷たい飲み物の摂りすぎに気を付け、温かい食べ物や飲み物をなるべく摂る、血流を促進する食べ物を取り入れるなどの工夫も忘れずに!

秋に老化が加速する3つの原因
画像出典:
Adobe Stock

秋のエイジングケアの3つのポイントとお手軽レシピ!

脂がのった旬の秋鮭やサーモンには、美容に嬉しい栄養がギュッと詰まっているんです!入手しやすく手軽に調理できるのでおすすめの食材です。秋のエイジングケアの3つのポイントとお手軽レシピをご紹介します。

【ポイント①】良質脂質で潤いケア

サーモンや秋鮭には良質な脂質が豊富です。良質脂質はお肌や髪などのうるおいをサポートするだけではなく、女性ホルモンの原料にもなるので、体の調子を整えるためにも欠かせません。酸化した油などの脂質はNGですが、このような良質脂質は積極的に取り入れましょう!

※おすすめレシピ※
「サーモンとホウレン草のパスタ」
サーモンは、秋冬が旬のほうれん草と合わせれば乾燥対策に欠かせないカロテンも補給できます。クリームソースのイメージが強いサーモンパスタですが、美容と健康のためにはオイルソースの方がおすすめ!若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEが豊富なオリーブオイルをベースに味付けしたオイルソースに合わせれば、良質脂質をたっぷり補給できますよ。

【ポイント②】良質たんぱく質でストレスケア、疲労回復、たるみ予防

魚類には良質なたんぱく質も豊富です。たんぱく質は新しい細胞のもとになる重要な栄養素。お肌の新陳代謝をサポートし、たるみを防いでハリのあるお肌作りをサポートしてくれます。またエネルギー源になるので、疲労回復やスタミナアップもサポート!

※おすすめレシピ※
「サーモンのサクッとフライ」
血流促進やエイジングケア作用の高いビタミンEが豊富な良質なオリーブオイルで、ざく切りにして衣をつけたサーモンを揚げるだけ。塩コショウなどで味付けをし、米粉や小麦粉を薄くはたくだけでOK!

【ポイント②】良質たんぱく質でストレスケア、疲労回復、たるみ予防
画像出典:
Photo by 國塩亜矢子

【ポイント③】あったかメニューで冷え改善に!

肌寒い日には、芯から温まる煮込み料理が恋しくなるもの。体の芯から温まる鍋レシピは調理も片付けもラクで、野菜類もたっぷり入れることで栄養バランスも高くなります。

※おすすめレシピ※
「サーモンのたっぷり野菜煮込み」
脂の乗った秋鮭/サーモンに、食物繊維豊富な旬の根菜類やキノコ類、抗酸化作用の高いパプリカなどを合わせて煮込んでみましょう。秋鮭なら味噌煮込みや醤油風味の和風煮込み、サーモンならコンソメ風味やトマト煮込みがよく合います。お好みで色々な味わいを試してみましょう。

いかがでしたか?美容効果の高い旬の秋鮭/サーモンを使ったレシピでこの秋も旬の味覚を楽しみつつ、体の中からキレイを磨きましょう!

【ポイント③】あったかメニューで冷え改善に!
画像出典:
Photo by 國塩亜矢子

執筆者

國塩 亜矢子フードコーディネーター
國塩 亜矢子フードコーディネーター
旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !

所有資格
・女子栄養大学認定・食生活指導士1級
・べジフルビューティーアドバイザー
・調味料ソムリエ
・キッズキッチンインストラクター

著書
・決定版!節約・冷凍レシピ(宝島社)

プ…

※参考文献※
・「正しい知識で健康をつくる あたらしい栄養学」(高橋書店)
・「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
・「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
・「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick