list
抜け毛、白髪染めの退色、ツヤ不足…髪のエイジングが気になり始めたら使いたいドライヤー3選
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

抜け毛、白髪染めの退色、ツヤ不足…髪のエイジングが気になり始めたら使いたいドライヤー3選

SNSでシェアしよう!

年齢を重ねて増えていくのは、肌悩みだけではありません。30代後半くらいから徐々にボリュームダウンや白髪、ツヤ不足、パサつきなどに悩む方が増えてきます。髪は、人の印象を決める重要なパーツであるだけに、しっかりとアプローチしていくことが大切です。

それに加えてスタイリングやドライの際にもお悩みをカバーできるものを投入すると印象が変わる効果が期待できます。

今回は、30代以降の女性におすすめのドライヤー3選をご紹介します。

■ドライヤーは髪質に合わせて選びたい!

ドライヤーというと、ただ髪を乾かすものと思いがちですが、最新のものはプラスアルファの機能が搭載されているものが多く見受けられます。

具体的には、ドライの際の髪ダメージを軽減する機能が搭載されているほか、ツヤを与える、髪にまとまりを出すといったヘアケア効果、頭皮ケアなどの機能が搭載されている商品が多数販売されています。

そのためドライの時間が美髪に導いてくれたり、お悩みをカバーし若々しく見せてくれたりするチャンスともいえます。

たくさんあるドライヤーの中から自分に合った商品を選ぶためのポイントは、自分自身の髪の悩みに向き合い、どのような髪質やヘアスタイルになりたいのか考えてそれにマッチした商品を選ぶことです。

■時短でドライしながら髪のうるおい感を重視したい方に

■時短でドライしながら髪のうるおい感を重視したい方に
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

アデランスドライヤー 『N-LED Sonic KAMIGA(カミガ)』 ミッドナイトブラック (税込47,330円)

アデランスとシャープが共同開発したドライヤー。最大の魅力は、時短でドライしながらうるおう髪へと導いてくれる効果が期待できる点にあります。

詳細なスペックは、下記の通り。

✔️2つの吹出口から風が出るため、速乾性に優れ、従来品(N-LED Sonic)よりドライ時間を約50%短縮。(他社は吹出口が1つの商品が多い)
✔️発生した静電気を約96%低減。
✔️プラズマクラスター搭載でイオンを含んだ風が出る。
✔️熱ダメージや過乾燥を抑える温度に自動調節する「センシングドライモード」搭載。
✔️LED光源「N-LED beam®」と付け替えできるかっさアタッチメント2種類を搭載し、スカルプエステが可能に。

筆者も実際に使用してみましたが、パワフルな風量で速乾性に優れている点や、艶やかでうるおう髪へと導く効果に惹かれています。


※プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

アデランスドライヤー 『N-LED Sonic KAMIGA(カミガ)』 ミッドナイトブラック (税込47,330円)
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

■白髪染めの褪色を防ぎたい方に

■白髪染めの褪色を防ぎたい方に
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

パナソニック 『ヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0』-A(ディープネイビー) オープン価格

2021年9月1日に発売された、パナソニックの最新モデルのドライヤー。注目のスペックは、高浸透「ナノイー」と「ミネラル(亜鉛電極を含む放電ユニットから発生されるミネラルマイナスイオン)」で、ヘアカラーだけでなく、白髪染めの退色を抑制する効果が期待できることです。

詳細なスペックは、下記の通りです。

✔️送風効率を上げる新送風機構採用で、乾燥スピードが従来品と比較して20%向上。
✔️UVケア効果が従来品と比較して2倍に。
✔️従来品と比較して、キューティクルの密着性を高めるミネラルマイナスイオンの発生が約2倍に。


筆者は以前からパナソニックのドライヤーを使用していましたが、本商品を実際に使用してみて、美しい髪を育みながらスピーディに髪を乾かす効果が向上しているのを感じることができました。

パナソニック 『ヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0』-A(ディープネイビー) オープン価格
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

■髪表面の浮き毛を抑えたい方に

■髪表面の浮き毛を抑えたい方に
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

ダイソン『Dyson Supersonic Ionicヘアードライヤー(アイアン/フューシャ)』 税込45,760円

スタイリッシュなビジュアルにも惹かれる、ダイソンのドライヤー。最大の魅力は、低音でありながら素早く髪を乾かす点にあります。

詳細なスペックは、下記の通りです。

✔️アタッチメントの使用で、浮き毛を抑えてまとまりのある髪へ。
✔️マイナスイオンを放出して静電気や広がりを抑える。
✔️カラーリングの色落ちから髪を守る。
✔️毎秒13Lの空気を生成し、パワフルな風量で髪を早く乾かす。
✔️熱ダメージを防ぎ、髪のツヤ感を守る。
✔️低温で早く乾かすことにより、デリケートな頭皮や細い髪に配慮した設計。

実際に使用した筆者も、低温で頭皮にストレスなく髪を乾かす設計に惹かれました。手元で簡単に風量だけでなく、温度も調整できるのも便利です。

ドライヤーは毎日使用するアイテムです。しかも、投資した分嬉しい効果が期待できるものばかり!最新のドライヤーは、ほかにはないスペックが搭載されているなどパワーアップしている傾向にあるので、この機会にお手持ちの商品からの切り替えをぜひ検討してみてください。

ダイソン『Dyson Supersonic Ionicヘアードライヤー(アイアン/フューシャ)』 税込45,760円
画像出典:
Photo by 遠藤幸子

執筆者

遠藤 幸子 エイジング美容研究家・美容ライター
遠藤 幸子 エイジング美容研究家・美容ライター

【保有資格】
・日本抗加齢医学会正会員
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー

【プロフィール】
エイジング美容研究家として、ウェブや雑誌にて美容コラムの執筆・監修を行うほかテレビ…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円