list
代謝アップの鍵は朝にあり!脂肪を燃焼させやすい体に整える3つの方法
画像出典:
Adobe Stock

代謝アップの鍵は朝にあり!脂肪を燃焼させやすい体に整える3つの方法

SNSでシェアしよう!

朝の過ごし方によって、その日の活動で消費できるエネルギー量に大きな差が生まれること、ご存じですか?朝のうちに体をしっかり目覚めさせて代謝をアップさせておけば、脂肪燃焼効果が高まるだけでなく、肌トラブルや不調も防ぎやすくなります。

今回は、脂肪燃焼スイッチをONにする方法をご紹介!スムーズに体を活動モードへと切り替えるための朝の過ごし方をお伝えします。

白湯を飲んで体を目覚めさせる

白湯は脂肪燃焼を促す方法の1つです。寝ている間に水分が失われた体は、体液循環が滞り冷えやすくなっています。朝の水分補給は内臓を刺激し、その働きを活性化させ体液循環をスムーズにするサポートとして重要です。さらに、白湯を選ぶことで、内臓に負担をかけずに消化機能を後押ししやすくなります。

起床後の白湯での水分補給は、代謝アップや排泄力の向上、自律神経を整える効果などが期待でき、脂肪を燃焼しやすい状態に整える最初の一歩です。

白湯は、鍋ややかんに水を入れて火にかけ10〜15分ほど沸かし続け、50〜60℃の飲みやすい温度になるまで冷ます作り方が一般的ですが、忙しい朝はミネラルウォーターを電子レンジで温める、ミネラルウオーターが給湯できるウオーターサーバーを活用する方法もオススメです。

白湯を飲んで体を目覚めさせる
画像出典:
Adobe Stock

ストレッチ・筋トレで脂肪燃焼力アップ

ストレッチもまた、脂肪燃焼におすすめの方法です。ストレッチをすることで体液循環が促進されて代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすくなります。また、筋トレで筋肉量を増やすことは、日々の活動で消費するエネルギー量を増やすことにつながります。

ストレッチや筋トレで体幹を鍛えて体をしなやかな状態に整えることは、体液循環を促進してこりや冷えなどの不調を防ぐことにも役立ちますから、朝のうちに取り組んでコンディションを整え、1日の脂肪燃焼力を最大限に引き出しておくことをオススメします。

ストレッチ・筋トレで脂肪燃焼力アップ
画像出典:
Adobe Stock

温かい朝食で代謝機能を高める

朝食に温かい料理を食べることも、脂肪燃焼を促す方法の1つです。冷たい料理や飲み物を取り入れることは、体を冷やして代謝を下げるリスクを高めることにつながります。たとえ暑い時期でも、味噌汁や主菜など、温かい料理を取り入れて内臓を温め、体内の機能を活性化させましょう。特に、冷房の効いた室内で過ごす時間が長い方は食事や飲み物で意識的に温かいものを取り入れるようにすると、代謝を高め脂肪燃焼力を高めやすくなります。

朝食のタイミングは、寝ている間に内臓が冷えている可能性が高く、積極的に内臓を温めて活性化させるのがオススメです。1品は温かい料理を取り入れる、必ず温かい味噌汁を添えるなどのひと工夫で内臓を温めやすくなります。温かくない食べ物の場合も、ゆっくりよく噛んでから飲み込むことで、冷たいまま内臓に届くことを防ぎやすくなりますから、あわせて意識するとよいでしょう。

温かい朝食で代謝機能を高める
画像出典:
Adobe Stock

朝のワンアクションが鍵!

いかがでしたか?今回ご紹介した脂肪燃焼方法をすべて実践する自信がない場合は、まずは今すぐできるワンアクションから始めましょう。コンディションが整っていくのを実感できると前向きに取り組みやすくなり、次のワンアクションにも手が届きやすくなります。

朝は体の調子を整えることに集中することで、その日1日の脂肪燃焼力を高めて消費できるエネルギー量を増やし、理想の美ボディを実現してくださいね。

執筆者

Nao Kiyota 美容・健康ライター
Nao Kiyota 美容・健康ライター

《プロフィール》
がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため、自身を輝かせるセルフトレーニング法を研究・実践中。「隙間時間」に「サクッと」できちゃう、お手軽トレーニング術を考案するのが得意…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円