list
画像出典:
Adobe Stock

脚痩せの極意!大仏ポーズで真っ直ぐスラリ美脚を目指す方法

SNSでシェアしよう!

脚痩せに憧れる女性は少なくないですが、脚痩せってどうやって行うの?と思う人が多数。実は脚痩せはとても難しいのです。理由として、激しい筋トレやエクササイズをすると逆に足の筋肉がどんどん太く鍛えられてしまうからなのです。

そこで、今回は脚痩せの極意として、大仏ポーズでテレビを見ながらでもできちゃう超簡単な脚痩せの極意を伝授します!

脚痩せに重要なポイントとは?

脚痩せを簡単に叶えるためには、まず重要なことは、足のどの部位を鍛えるか?です。鍛える部位によって脚全体の形はすらりとした真っ直ぐな脚か,どっしりとした安定感のある脚かに分かれます。

どっしりとした脚になる理由は、大腿四頭筋と呼ばれる太腿の前側の部分を鍛えることでみるみる太くなるからです。大腿四頭筋は腿上げや階段を登る動作で作ることができます。では、逆に足をすらりと真っ直ぐにさせる筋肉はどこでしょうか。足痩せに導く筋肉は内腿にあたる内転筋なのです。

脚痩せに重要なポイントとは?
画像出典:
Adobe Stock

内転筋とは?

内転筋とは、太腿の内側の筋肉です。この筋肉は意外と使われることが少ない筋肉です。椅子に座っている時に、膝と膝を閉じることが大変だと思う方は内転筋が弱っているかもしれません。

内転筋は着席時に膝を閉じとくためにも必要な筋肉です。また、骨盤をしっかりと安定させ、美姿勢を作るのにも重要な筋肉となります。内転筋のすごいところは、鍛えれば鍛えるほど脚が真っ直ぐに細くなることです!

さらに内転筋をしっかり作ると、体重が内側で支えられるようになることから、歩きやすくなり、歩き姿勢も美しく変化してしまうマルチな筋肉なのです!

内転筋とは?
画像出典:
Adobe Stock

大仏ポーズで簡単に足痩せしよう!

それではエクササイズのご紹介です。

①横に寝て、下の手を枕代わりに肘を立て頭を支えます。
背中はスッと伸ばしてお腹も伸ばしましょう。上の足は膝を曲げます。膝の位置は、天井方向に立てても横に寝せても構いません。そして下の足を真っ直ぐ伸ばします。

②下の伸ばした足を天井方向へ持ち上げます。
内腿がきつい感じがあればしっかり内転筋が鍛えられている証拠です。そのまま、30回繰り返しましょう。終わったら逆の足も同じようにしましょう。

③終わったら、真っ直ぐ立ってみましょう。
しっかりと太腿の内側で立っていると感じられていれば、内転筋が鍛えられ、骨盤も整った美しい姿勢となっています。

横になりながら行えるため、毎日続けることができ、簡単に脚痩せを目指せます。テレビを見ながら行ってみると、1ヶ月で太腿の間に隙間が出来て、憧れのすらりとした美脚美人に変身します!

気がつけばお腹周りもスッキリしてくるのでまさに内転筋パワーで美脚、骨盤美人が出来上がります。是非試してみてはいかがでしょう。

大仏ポーズで簡単に足痩せしよう!
画像出典:
Adobe Stock

執筆者

野口 早苗 姿勢調律士
野口 早苗 姿勢調律士

【プロフィール】
一般社団法人日本姿勢調律協会代表理事。sanareサロンオーナー。3歳からのダンス経験を生かし、プロとしてニューヨーク、国内で活躍後、引退。ニューヨークにてピラティス資格を取得。20年に渡りピラティスを教え…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円