list
<目指せ白肌>肌をワントーン明るくしたい!

<目指せ白肌>肌をワントーン明るくしたい!

SNSでシェアしよう!

お肌のくすみは女性にとって大敵ですよね。今回はくすみができる原因とくすみを取り除きワントーン明るい、キレイなお肌を取り戻す洗顔方法をご紹介していきます。

くすみができる原因は?

くすみができる原因はいくつかありますが、その一つに肌の角栓が詰まりくすんで見えてしまうことがあります。
角栓が詰まってしまう原因は、古くなった角質と皮脂が混ざってしまい、角栓となって肌上に滞ってしまうことにあります。
さらに生活習慣が乱れてしまうと、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、古い角質が肌の上に溜まり肌がくすんで見えてしまうのです。

ワントーンアップを目指す、正しい洗顔の準備

STEP1:手をきれいに洗っておく
角栓は正しい洗顔方法で、取り除く事が出来ると言われています。
正しい洗顔の準備としてまずは、まずは手をきれいに洗ってから洗顔をはじめましょう。手が汚れた状態だと、手の汚れが顔について付着してしまい、せっかくの洗顔効果が低くなってしまうためです。
洗顔を行う前に、できるだけ手をきれいに洗うことを習慣づけましょう。

STEP2:ぬるま湯で素洗いをする
まずはぬるま湯で素洗いをしましょう。少しぬるめかな?と思うくらいの32度前後が適温です。洗顔前に顔を軽く洗っておくことで、肌の表面に付いている汚れを落としておきます。
熱い湯で洗ってしまうと、皮脂を必要以上に落としてしまいますので、ぬるま湯で洗うことがポイントです。


STEP3:洗顔料をもっちりと泡立てる
洗顔料をしっかりと泡立てましょう。手が濡れた状態で洗顔料を手に取り、全体に広げて、ぬるま湯を数回に分けて加えながら泡立てていきましょう。ポイントはきめの細かい泡を作ることです。逆さにしても落ちないもっちりとした状態まで泡立てましょう。
慣れていない人は、洗顔用の「泡立てネット」を使用するのもいい良いでしょう。簡単にもこもこの泡が作れます。

泡洗顔をすることで、手と肌の摩擦を抑えることができ、肌トラブルを軽減することができます。

お肌をワントーン明るくするための正しい洗顔方法

STEP1:泡を顔にのせて優しく洗う
細かく泡立てた泡を使って、肌を優しく洗い上げましょう。
作った泡を顔にのせたら優しく円を描くように泡を押し当て洗うのがコツです。洗う順番は脂っぽさが気になる「Tゾーン→頬→Uゾーン」の順で洗っていきましょう。泡を動かすだけで、汚れは綺麗に浮いてきます。
泡の素材自体を動かして、決して指先で肌をこすらないように注意しましょう。

STEP2:洗い残しのないようにしっかりとすすぐ
最後にぬるま湯を使って洗い流します。お湯の温度は素洗いするときと同じように32度位が理想と言われています。
すすぎ残しがくすみに原因となってしまうので、ある程度泡を動かして洗顔したら、すすぎ残しの無いようにしっかりすすいでいきましょう。特に洗い残しが多いこめかみや小鼻の周り、口周り等は念入りにすすぎましょう。洗い残しは肌荒れやニキビの原因にもなります。

STEP3:清潔なタオルで水分を取り除く
十分にすすいだら、タオルを肌に当てるようにして水分を取り除いていきましょう。肌に負担をかけてしまいますのでゴシゴシとこすらないように注意しましょう。


ワントーン明るい、キレイなお肌を取り戻すには、まずは基本のスキンケアが大切です。焦らずこつこつと継続していきましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報