list

真夏の紫外線!気が付いたら真っ赤に・・・どうしよう?

SNSでシェアしよう!

プールに海にバーベキュー、真夏は屋外でのイベントが盛りだくさんですよね。気が付けば肌が真っ赤に!というケースも多くあるのではないでしょうか。今回は赤くなってしまった肌のケア方法をご紹介します。

真っ赤なのは「やけど」!?

肌が黒くなるのは「日焼け」ですが、真っ赤になってしまった場合は「やけど」状態といえるでしょう。肌が黒くなるのはメラニン色素が増加することが原因ですが、真っ赤になるのは炎症が原因なのです。炎症ですから痛みを伴うことも大変多いので、とにかく炎症を抑えるためのケアをするのが大切です。

炎症を抑える

炎症を抑えるために、しっかりと冷やしてから保湿をしましょう。冷やしても炎症を劇的に改善することはできないのですが、辛い痛みは和らいでいきます。濡れたタオルや冷水を使って赤い部分を冷やしましょう。冷やすときの目安は、肌がひんやりしていて触れても熱を感じないくらいまでです。冷やしたら化粧水をコットンに含ませてパックをしてください。最後に薄く乳液をつけて水分が逃げないようにフタをしましょう。

痛みと熱がなくなるまで繰り返しケア

冷やすことで痛みや熱が引いても、時間が経つとまた痛みと熱が戻ってきます。熱と痛みがなくなるまで、1週間程度はこまめに冷やす・保湿を繰り返してください。ケアをしないでおくと跡になってしまうこともあるので、早めの集中ケアが大事です。また、皮がむけてきても無理にむくのはNGなので気をつけてくださいね。大切なのは日焼けをしてしまわないよう、しっかりと紫外線対策をすることです。いろいろなケアグッズがあるので、上手く取り入れて楽しい夏を過ごしてください。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報