list
その洗顔がNG!やってはいけない老ける洗顔法

その洗顔がNG!やってはいけない老ける洗顔法

SNSでシェアしよう!

顔の肌はとてもデリケートなもの。洗顔に気を使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、洗顔方法によってはシミ、シワを増やしてしまったり、乾燥肌など肌トラブルを招く原因になっているかも……。今回は、そんなやってしまいがちな間違った洗顔法をご紹介します。

顔をごしごし洗ってしまっていませんか

顔の汚れを落とそうと、ごしごしと洗顔するのはNGです。顔の肌は思っている以上にデリケートなもの。刺激や摩擦を必要以上に肌に与えながら洗顔を続けていると、肌細胞の寿命がどんどん縮んでしまいます。そして、まだ皮膚の内側で作られている最中の肌が、肌表面に出てきてしまうので、肌が弱くなってしまいます。弱い肌は痛みやすいので、シミの原因になったり、毛穴が目立ったり、乾燥、敏感肌を招いてしまいます。

洗顔料を泡立てて、十分に水分を含ませていますか?

実は、洗顔料と言うものは、そのまま顔を洗うには、濃度が高すぎて肌を傷つけてしまうということはご存知でしょうか?洗顔料で顔を洗う際には、十分な水の量を少しずつ加えながらしっかりと泡立てましょう。洗顔料の泡に、空気と水を含ませることによって、ちょうど良い濃度の泡で顔を洗うようにしましょう。

洗顔に時間をかけすぎている

肌をキレイにしようと、洗顔に必要以上に時間をかけていないでしょうか。長時間、洗顔料を肌につけていることは肌にとって負担にしかなりません。目安としては、洗顔は1分~1分半ほどが良く、2分以上の洗顔は肌に悪影響を与えてしまいます。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報