list
美味しい和食で「癌予防」になるってホント?

美味しい和食で「癌予防」になるってホント?

SNSでシェアしよう!

穀類と野菜、そして魚中心の健康的な料理として、今、世界中からも注目されている和食。実は和食を中心とした食事は、癌予防につながるといわれているのです。これを読めばあなたも和食を見直すのではないでしょうか。

癌が増えた原因は?

現在、日本人の死因の1位は癌ですが、日本人に癌が増えた原因のひとつが食の欧米化だといわれています。かつて、日本人は米やじゃがいもといった穀類をメインに、旬の野菜や果物、海藻類、少しの魚といった食事を摂っていました。しかし今では肉、肉の加工品、牛乳、チーズ、卵といった高脂肪食品が多く食卓に上がります。これらの食品は体力をアップさせ、また日本人の体格が良くなったのも食の欧米化のおかげといわれていますから、決して悪い面だけではありません。しかし、摂り過ぎることによって体に負担を与えて癌を発症しやすくさせるのです。

工夫して和食を取り入れる

普段の食事を見直し、和食中心の食事に変えることで癌になりにくくなるといわれていますが、特に料理が苦手な人にとって繊細な和食はハードルが高いかもしれませんね。しかし、完璧を目指さず簡単にできることから変えていくだけでも良いと思います。例えば朝食をパンからごはんに変えて味噌汁を添えるだけでも十分です。また、ランチのお店を選ぶなら、洋食ではなく和定食が食べられるお店にするなど、ちょっとした工夫で良いのではないでしょうか。

和食の注意点

注意したいのは和食でも栄養に偏りがあるメニューです。かつ丼や天丼は食物繊維が不足しますし、うどんなども具材によっては糖質だけになってしまうこともあります。また、和食は塩分が多く含まれていますから、できれば追加で醤油や塩を足すことは控えましょう。和食中心の食事で健康な体を維持しましょうね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報