list
これを読めば納得!朝食を取らないと損する“ワケ”とは

これを読めば納得!朝食を取らないと損する“ワケ”とは

SNSでシェアしよう!

以前から朝食を食べた方がいいのか、食べない方がいいのかという朝食論争が続いています。人によって意見が分かれることもあると思いますが、朝食を食べることによるメリットを知れば、朝食を見直すきっかけになるかもしれませんよ。

1日体を動かす最初のエネルギー補給

起床した状態は前の日の夕食を最後に10時間近く何も食べていない状態です。したがって、起床直後はプチ断食をしたあとの状態に近いといえるのです。これから長い1日を過ごすため体にエンジンをかけなくてはいけない朝は、体を動かすためのエネルギーを補給してあげる必要があります。朝食をまったく摂らずに運動したり勉強したり仕事をしたりすると、エネルギー不足によって良いパフォーマンスをすることができないでしょう。実際に学生を対象にした調査でも、朝食を摂る学生の方が良い成績を取る傾向があることがわかっています。

昼食のドカ食いを防ぐ

朝食を摂らないまま昼食を迎える場合、昼食時にはかなりの空腹状態になるでしょう。そうなると朝食の分を補うかのように昼食にドカ食いしてしまう人が多いようです。ところが、胃は長時間空っぽの状態でしたから、急に大量の食べ物が入ってくることによって、内臓への負担は大きくなります。さらに体は長時間空腹でしたから、できるだけカロリーを吸収しようと、より多くのエネルギーを取り込んでしまい肥満に繋がってしまいます。

排便のリズムを作る

食事によって食べ物が腸に入ると、腸が刺激されて排便が促されます。このような腸の運動が1日のうちで最も活発になるのが朝なのです。絶好のタイミングである朝に食事をすることで、排便リズムを作り不要な老廃物をスムーズに体外に排出できるようになるでしょう。胃が重たく朝食が食べられないという人は、朝食を抜く前に前夜の食事のボリュームを見直してみるのも良いのではないでしょうか。朝食のメリットを見直して、軽いメニューから摂ってみるのも悪くないかもしれませんよ。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報