list

『たまご』は健康アイテム!より良い食べ方は?

SNSでシェアしよう!

たまごはコレステロールが高いから食べ過ぎは良くない、なんて話を聞いた方は多いと思います。近年の研究ではその様な通説は間違ったものであるという事が明らかになってきています。

たまごを食べ続けると?

ある研究によると「Aグループには週12コ、6日間毎朝2コずつ卵を食べてもらい、もうひとつのBグループには週2コ未満に限定した」実験を3ヶ月間行ったところ、3ヶ月後の検査では両方のグループに総コレステロールとか中性脂肪の値に変化はありませんでしたが、Aグループの人たちは善玉コレステロールが増えていたという結果が出ました。この善玉コレステロールは血管内の余分なコレステロールを減らす働きがあり、つまり血管の中を掃除してくれる働きがあります。

完全栄養食品!?

たまごには雛が成長するだけの栄養が詰まっています。実際にたまごの成分をみるとビタミンC以外の栄養素がバランスよく含まれていることがわかっています。ビタミンCは孵化する工程で、自分で合成して摂取しているため必要が無いためです。たまごは完全栄養食品といえるくらい栄養価が高い商品なのです。

たまごのより良い食べ方

前述のとおりたまごにも足りない栄養素があります。なのでビタミンCや食物繊維などを補ってくれる料理がよいでしょう。また温泉卵のように少し加熱した方が栄養の消化吸収効率は良くなります。たまごを食べるとカルシウムの吸収が良くなります。女性の場合、加齢とともに体内のカルシウムが減少していき、骨粗しょう症の原因になります。ダイエットのためにサラダだけ、という方もいらっしゃると思いますが、そのサラダに是非たまごを付け加えて骨粗しょう症対策をしてみてください。ですが過ぎたるは及ばざるが如し。食べ過ぎには注意してくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報