list

熱中症にならないために!食べとくものは?

SNSでシェアしよう!

この時季に心配なのが、熱中症。大丈夫と思っていても知らず知らずにかかってしまうといわれ、命を落とすケースもあるので軽視できませんよね。そこで今日は、熱中症対策にうってつけの食べ物をご紹介します。

カリウム

汗をかくことによって体内からは塩分が排泄されていきますが、同時にカリウムも排泄されます。カリウムが失われると細胞は脱水状態になってしまいます。そうなると、万が一熱中症が起きてしまった場合の回復に悪影響を与えます。したがって日常的にカリウムを含む食品を摂ることで、熱中症になった場合の回復力を高めることが期待できるのです。小豆、海苔、パセリ、ほうれん草、里芋、じゃがいも、バナナなどがカリウムを多く含んでいます。

ビタミンB1とクエン酸

疲労回復の効果が期待できるビタミンB1やクエン酸が含まれている食べ物も、熱中症対策におすすめです。ビタミンB1は豚肉、ハム、鰻、グリーンピース、海苔、大豆などに含まれています。クエン酸は梅干、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、酢などに含まれているので、2つを組み合わせて取り入れるといいかもしれませんね。

牛乳

牛乳にはタンパク質の一種「アルブミン」が含まれています。アルブミンには血液を作り出す作用があり、その作用によって汗が適切にかけるようになったり、皮膚表面の熱の放散量が増えて体温調節機能を向上させたりする効果が期待できます。普段から牛乳を摂取していると、血液量が増えて熱中症になりにくい体になるといわれているので、意識して飲むと良いでしょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報