list

男性と女性は違う!男性に気持ちを伝えるときのコツ3つ

SNSでシェアしよう!

男性と女性は考え方やものの捉え方が異なるといわれています。ですから男性に気持ちを伝えるとき、曖昧な表現ではなかなか伝わらないこともあるのです。今回は男性に気持ちを伝えるときのコツのお話しです。

ストレートに!

もともと男性は女性よりも「察する力」がないといわれています。例えば、明日会いたいと思って「明日、暇なんだよね・・・」といっただけで察してくれる男性はごくわずかです。「あの映画、面白いからレンタルしてみたら?」なんて全然期待していない方向に会話が流れてしまい、イライラしてしまうことになることもあるでしょう。男性に気持ちを伝えるならストレートに伝えましょう。

深読みは禁物

男性との会話中に、少しでも「ふーん」「へー」と気のない返事をされたとき、「もしかして面白くなかった?」と深読みした経験はありませんか?褒め言葉にしても同じです。「今日のメイクいつもと違う?」といわれただけで「似合ってないの?」というように深読みする人は結構多いようです。しかし深読みすると必ずマイナス方向に考えてしまいますよね。男性は意外とそこまで考えていませんから、深読みせずに言葉を素直に受け止めましょう。

具体的に、オチをつけて

女性は会話を楽しむ傾向にありますから、抽象的で終わりのない会話になりがちです。ところが男性は具体的な内容や会話のオチを求めます。ですから男性と会話するときは、具体的な例や数字を取り入れながら最終的に伝えたいことを明確にし、そこに向かって話を進めたほうが伝わります。これまで男性との会話で抱えてきたモヤモヤが今回紹介した3つのコツで解消するのではないでしょうか。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報