list
夏前より肌質変わった?夏の終わりの肌荒れ対策

夏前より肌質変わった?夏の終わりの肌荒れ対策

SNSでシェアしよう!

夏が終わる時期は特に肌トラブルが起こりやすいといわれています。夏の紫外線、冷房による乾燥、汗などによって、どうしても肌が弱ってしまうのがその原因です。そこで、今回は夏の終わりの肌トラブルを回復させる方法をご紹介します。

紫外線対策を!

まず注意したいのが紫外線です。真夏の激しい太陽の照りつけがなくなると、紫外線に対する意識も薄くなりがちです。しかし、9月はまだまだ紫外線量が多いので紫外線対策はしっかりと続けましょう。強い日焼け止めは肌ダメージも大きいので、軽めのものを1日に何度かつけるようにするのがおすすめです。

肌をこすらない

汗をハンカチやタオルでぬぐうと、どうしても摩擦で肌がダメージを受けてしまいます。そのうえ、クレンジングや洗顔で肌をこするとさらにダメージを受けてしまいますから、夏の終わりのクレンジングや洗顔は特に注意が必要です。できるだけ優しく触れ、こすらないように心がけましょう。クレンジング剤や洗顔料が長時間、肌に付着していることがないようにして、洗顔後のスキンケアもできるだけやさしく行ってください。

栄養バランスの良い食事

皮膚を作るのは食事ですから、栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。特に夏の終わりに摂りたいのがビタミンC。これからできるシミを防ぐ効果や今あるシミを薄くする効果があるといわれています。また、ビタミンAやビタミンEは肌の老化対策に役立つといわれています。これらのビタミン類をサプリメントや食事から、積極的に摂取しましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報