list
梅雨でも一日中崩れない、ファンデーションの塗り方テク

梅雨でも一日中崩れない、ファンデーションの塗り方テク

SNSでシェアしよう!

湿度が高くジメジメした梅雨の時期。ヘアスタイルが決まらないのも悩みですが、もうひとつメイク崩れという厄介な悩みがありますよね。逃げ出すこともできない梅雨、何とかならないものでしょうか?
そこで、みなさんに今回は梅雨の時期も怖くない、一日中崩れないファンデの塗り方を伝授します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この時期、メイクが崩れてしまう原因は?

この時期、メイクが崩れてしまう原因は?

では、まずは初歩的なこと。ファンデーションが崩れてしまう原因を探ってみましょう。
みなさんはどうして梅雨の時期はメイクが崩れてしまうかわかりますか?

・梅雨の季節はファンデーションが崩れやすい
家を出るときはバッチリ決まっていたメイク。でもお昼を過ぎた頃から何だかベトベト。ランチの休憩で何とかメイク直しをしたものの、結局夕方頃にはベトベトに…みなさんの中にもこんな経験をしたことがある人は多くいるのではないでしょうか。

・1つは「汗」や「余分な皮脂」
梅雨のメイク崩れの原因のひとつは汗や余分な皮脂。梅雨の時期は夏に向けて気温がぐんぐん上がってきます。そうなると必然的に汗の量も増え、しっかり塗ったはずのファンデーションを内側から崩してしまうのです。そのうえ私たちの肌の状態も気温の上昇とともに夏仕様に近づいてきていますから、代謝がアップして余分な皮脂を出しやすくなってしまうと言われているのです。

・もう1つは環境による影響が大きい
そしてもうひとつが湿気ですね。雨の日にメイクの崩れやすさや肌のくすみを感じたことはありませんか?湿度が高くなるとどうしても毛穴が開きやすくなり、メイクも崩れやすくなると言われています。梅雨の時期、私たちの肌は内側からも外側からもメイク崩れしやすい危険を抱えているということなのです。

メイク崩れは、適切なケアとメイクの仕方で防止できる!

メイク崩れは、適切なケアとメイクの仕方で防止できる!

梅雨の時期のメイク崩れの原因がわかったら、今度はその対処法についてお勉強しましょう。適切なケアをして上手にメイクすれば、崩れることを恐れる必要はありません。

・まずは洗顔とスキンケアをしっかりと行なうことが大切!
まずはお肌ケアの基本中の基本、洗顔とスキンケアに注目してみましょう。湿度が高ければ肌は乾燥しないと思っている人がいるかもしれませんが、梅雨の時期は湿度やエアコンによる乾燥、気温上昇、代謝アップなど、肌にとってバランスが取りにくいシーズンです。
そうなると皮脂の分泌が過剰になったり肌内部が乾燥したりと、肌は混乱状態になってしまうのです。だからこそ洗顔とスキンケアを大切にしましょう。


夜のクレンジングはもちろん、朝メイクをする前の洗顔も丁寧に行います。ただし、こすり過ぎや洗い過ぎはNG。やり過ぎ洗顔は皮脂分泌を加速させてしまいますよ。夏に近づくとしっとり系のスキンケアはちょっと…いう人もいるようですが、せめて夜だけでもしっかりと保湿しておきましょう。朝は多少サラッとした化粧水などでも構いません。自分の肌と相談しながら、乾燥しないように心掛けてくださいね。

・一日中崩れないファンデーションの塗り方
メイクが崩れやすい時期、とにかくファンデーションは「薄塗り」が大事です。スキンケアのあとはすぐに化粧下地を塗り、立て続けにファンデーション…という人もいますが、お肌になじむ前に次の工程に進んでしまうと、仕上がりが悪く崩れやすくなってしまいます。
スキンケアをしたらハンドプレス、下地をしたらハンドプレス、と1分程度でも構いませんので、しっかりと肌になじませるようにしてみてください。

リキッドファンデーションを塗るときは手ではなくスポンジをおすすめします。
こすらずポンポンと薄く薄く馴染ませるように肌全体に塗りましょう。パウダリーファンデーションやコンシーラーを使う場合も、同じように薄く塗っていくようにしましょう。使用するファンデーションは必ず春夏用にしてくださいね。

・ポイントメイクはここに気をつけよう!
梅雨の時期、湿気でまつ毛が下がってきたりアイラインが滲んでしまったり、ポイントメイク崩れも気になります。そこで活躍するのがウォータープルーフのマスカラやアイライナー。
キープ力が強いので、湿気に負けずカールをキープしてくれるでしょう。リキッドタイプや練りタイプのメイクグッズはどうしても滲みやすいので、あまり多用しないようにするのも崩れないコツですよ

万が一化粧が崩れてしまったら?

万が一化粧が崩れてしまったら?

そうはいっても、せっかくのデートや仕事中にメイクが崩れてしまうこともありますよね。そんな時どうすればいいのでしょうか?崩れたメイクを何とかしようとして、厚塗りするとさらにメイク崩れを悪化させてしまいます。

メイクが崩れたらまずは汗や余分皮脂を優しくティッシュでオフしましょう。
この時にもし肌が乾燥しているようだったら、ミストタイプの化粧水などで保湿してからティッシュを当ててくださいね。肌が整ったら、朝と同じようにスポンジでファンデーションを薄く薄く塗っていきます。
もし肌荒れや乾燥が目立つ部分があれば、そこはファンデーションを避けておいた方が目立ちにくいかもしれません。アイメイクやチークなどのポイントメイクを直すときも、薄く薄くを心掛けてくださいね。

どうしてもメイクが崩れやすい梅雨の時期、ファンデーションを使わずにBBクリームやCCクリームとフェイスパウダーだけにしておくという裏ワザもありです。メイク崩れだけでなく紫外線も気になる季節ですから、上手なメイク方法を覚えて崩れ知らずの肌で過ごせるといいですね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報