list

足を組むひとは要注意!怖いデメリットなコト

SNSでシェアしよう!

スラっとした足を組み椅子に座っている姿はかっこいいものです。美脚を魅せるには一番ふさわしい座り方ではないでしょうか?でも足を組んで座るは体に良くない事だらけなんですよ。

歪みを呼ぶ座り方

足を組んで座るということは内股にある大動脈やリンパの流れを阻害することにもつながり、結果として足のむくみの原因になります。また足を組むと体がねじれます。更に背筋を伸ばしづらいため自然と猫背になり、腰に負担が増大するため腰痛の原因にもなります。付け加えるならば猫背は内臓への負担も大きくなります。お尻から太ももにかけて大殿筋という一番大きい筋肉があるのですが、足を組むと大殿筋が伸ばされた状態になります。すると伸ばされている状態が続くと筋肉は小さくなっていき、基礎代謝が落ちるため太りやすくなったり、ヒップラインがだらしなく崩れてくる原因にもなります。

正しい座り方と美脚トレーニング

椅子に座る際には深く腰を掛けて膝は揃えて座ります。スカートの時は下着が見えてしまう事を気にされる方がいますが、その際にはスカートの縁にハンカチなどを置き、膝を少し斜めにずらして見えないように工夫します。そしてずらした足をこまめに左右で入れ替えると体の歪みが少なくなります。またデスクワークをしている時には、膝の内側にハンカチを挟むと内股の筋肉(内転筋)が鍛えられ美脚効果があります。ただ足を組見たくなるシーンはよくあります。なので一切足を組まないという事はありえないでしょう。その時は長時間同じ足を組まないことを心がけましょう。短い間隔で足を組み替えてください。そして長時間座る事に共通する事ですが、適度に立ち上がり背筋を伸ばしたりしてストレッチをしてください。体の歪みは万病の元。健康的な姿勢で気持よく毎日を過ごしたいですね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報