list
もったいない!美容液の効果を止めるNGな使い方

もったいない!美容液の効果を止めるNGな使い方

SNSでシェアしよう!

肌のキメを整えたり、しわたるみの改善などに効果のある美容液。そんな美容液はぜひとも効果的に使いたいもの。しかし、使い方によっては美容液の効果を止めてしまうこともあるのです。みなさんも、気付かないうちに美容液の効果を止めるような使い方をしていないでしょうか?

塗る順番を間違えていませんか?

洗顔後、化粧水をはたいた後、美容液を使う前に乳液やクリームを塗っているという方はいないでしょうか。製品によっては使う順番に差がありますが、美容液は基本的に、化粧水 → 美容液 → 乳液やクリーム、と使うのが効果的だと言われています。

自分がケアをしたい肌の問題に対応したものを!

美容液を使っていて、効果をあまり感じていない人は自分がケアしたい肌のトラブルに対応していないものを使っているかもしれません。まず、自分が使っている美容液にどんな効き目があるのかをチェックしてみましょう。美容液の種類は大きく美白、保湿、しわ・たるみ用の3つに分けることが出来ます。それぞれ、効果のある成分や配合量に違いがあるので、自分の肌の悩みに対応した物を使用しましょう。

美容液が効く量には限度がある

美容液は、肌の角質層に有効成分を蓄えさせるという働きを持つ美容品です。しかし、この角質層、一度に受け止める美容成分の量に限度があるのです。いくら、効果の高い美容液をたくさん塗ったところで、角質が受け止めきれなければ効果は出ません。そのため、一度に使う美容液を2~3回に分けて塗ると効果が高くなります。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報