list
10歳も老けて見えちゃう!?年齢が出やすい顔のパーツ別ケア法とは!!

10歳も老けて見えちゃう!?年齢が出やすい顔のパーツ別ケア法とは!!

SNSでシェアしよう!

実年齢より10歳以上老けて見えてしまうこともあるという年齢肌が出やすい顔のパーツというものがあります。それは一体どこなのでしょうか。パーツごとのケア方法を覚えて、老け顔撲滅しましょう。

たるみケア

同じ年齢であるにも関わらず、老けて見えてしまう女性はたるみがあるか否かで決まってきます。たるみがあるとどうしても老けて見えますし、フェイスラインがスッキリしていないとどうしても実年齢より老けて見えます。

そのためにはフェイストリートメントを行うようにしましょう。リンパトリートメントが最も効果的だと言われています。

左鎖骨を最初にプッシュしてからリンパを流しやすくして、顔の中心から外側に向かって優しくなでるようにリンパを流します。顎から耳に向かって人差し指と中指でつまんでたるみを解消しましょう。

ほうれい線が見える人

ほうれい線がくっきり、という女性はやはり老け顔一直線です。ほうれい線があるかないか比べてみると俄然ほうれい線があるほうが老けて見えてしまいます。

そのため、ほうれい線ケアは年齢に応じて行うべきでしょう。ベロ回し体操も効果が期待できますし、口角をあげるためにリップトリートメントをしても良いです。

頬骨をぐいっと押すような感じでかっさでトリートメントしても良いでしょう。かっさはフェイスラインにも使うことができますから、1つ自宅にあると便利なアイテムです。

目じりのシワは年齢を感じる

目じりにシワがある女性は苦労しているんだなと感じてしまいます。目じりのシワは表情が豊かな人には多いのですが、そんな女性は幸せオーラに包まれていますから、若干目じりにシワがあっても気になりません。

しかし年齢が出やすいのが目というパーツですから、目の美容液などを使って朝晩とケアしましょう。目のトリートメントも同時に行いクマも対処しましょう。クマのない明るい目元になれば一気に若返ることでしょう。

老けない顔になるために

女性は何歳になっても老けない顔になるために努力を惜しみません。というよりは、老けた顔になりたくないから努力を惜しまないと言えます。いくら高額な化粧水を使っても、スキンケアを行っても、年齢を重ねると皆歳を取っていきます。

それは仕方のないことだと諦めずに、老けない顔を作っていきましょう。そのためにはパーツごとのケアを行い、適切なトリートメントで対応しましょう。パーツごとにケアの方法は異なります。間違ったケア法をしないように注意をしましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報