list

スマホの使い過ぎ。肩こり・頭痛・目の痛み、あなたは大丈夫?

SNSでシェアしよう!

スマホの使いすぎで目の痛みを感じたり、肩こりを感じたり、寝付けなくなったりとトラブルが起きています。これらは全てスマホを使いすぎているから。そのために予防できることはしておきましょう。

眼精疲労は誰にでも起こる

眼精疲労、疲れ目はスマホを使っている誰にでも起こる現象です。眼精疲労の原因は色々ありますが、最も多いのは目の使いすぎと言われています。長時間同じ姿勢で画面を見続けることになるので、目が疲れる原因になっているのです。また、小さなスマホ画面の文字を読んでいるうちに疲れ目を引き起こしてしまうのです。ビタミンB1やブルーベリーなどのアントシアニンを摂取すると目には良いと言いますね。積極的に摂るようにしましょう。

スマホ症候群でストレートネックに

長時間スマホを使用している、常にスマホを気にしているなど、スマホ症候群と呼ばれる人々が大勢出てきています。通常首は前に出るようにカーブしていますが、ストレートネックと呼ばれる首は、まっすぐになっている状態です。首がまっすぐになるストレートネックは頭痛を引き起こしたりします。スマホを見る際には前かがみになりますから、ストレートネックになり、頭痛が起こりやすいと言えるのです。

相当な肩こりも

スマホ症候群になると、毎日スマホを長時間見ていることによって肩こりも症状として現れてきます。肩こりは酷くなれば肩こりの傷み自体も感じなくなってしまうこともありますから、肩こりを改善したいのであればスマホを使用する時間を短くすることから始めましょう。スマホがなくても人は生きていけます。便利なアイテムとして使うのは良いですが、使いすぎは良くないということですね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報