list
痩せホルモンこと“レプチン”とは?増やす方法お教えします。

痩せホルモンこと“レプチン”とは?増やす方法お教えします。

SNSでシェアしよう!

食べることが大好きな人にとって、ダイエットはとても辛いもの。でも諦めるのはまだ早い。実はつい食べ過ぎてしまう人におすすめのダイエットがあるのです。食べ過ぎを防ぐ働きをもつホルモン「レプチン」を活用したダイエットで、食いしん坊のあなたもダイエットしませんか?

レプチンの働き

体に蓄積する体脂肪は、脂肪細胞から食欲調整のホルモンを出しています。そのホルモンが「レプチン」。レプチンは満腹サインを出して食べ過ぎを防ぐ役割をもちます。また、レプチンにはエネルギー消費を促す作用もあるため、脂肪燃焼を活発にしてくれるのです。このレプチンを効率的に働かせることによって、食欲調整とエネルギー消費が同時に進むのですが、つい食べ過ぎてしまうという人はもしかするとレプチンが働いていないかもしれないのです。

レプチンを働かせる生活習慣

食べ過ぎてしまう人は、さっそくレプチンをうまく働かせる生活習慣に切り替えてみましょう。ゆっくりと20分以上かけて食事をする、テレビを観ながらなど“ながら食い”をしない、食前にガムを噛んであらかじめ咀嚼回数を増やしておく、などを続けることによってレプチンがしっかりと働くようになります。また、食事以外に気をつけたいのが睡眠です。睡眠不足になるとレプチンが減るだけでなく、食欲を促進するグレリンというホルモンが増えるといわれ、睡眠時間が短くなるほど食欲が湧いてしまいますから、睡眠時間はしっかりと確保しましょう。

タンパク質がカギ

特に朝食や昼食は手早く済ませがちなので、パン、おにぎり、そば、うどんなどでパッと済ませることも多いかもしれません。しかしレプチンを増やしたい場合はしっかりとタンパク質を摂取する必要があるのです。肉ばかりではなく、魚、卵、チーズ、豆類など動物性のタンパク質と植物性のタンパク質をバランス良く摂取しましょう。それによってレプチンの分泌が促進されてきます。レプチンを上手にコントロールすれば、意外と簡単にダイエットを成功させることができるかもしれませんから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報