list
素足を見せる準備はOK?見落としがちなフットケアまとめ

素足を見せる準備はOK?見落としがちなフットケアまとめ

SNSでシェアしよう!

暑い季節が近づくにつれて、ミュールやサンダルなどが大活躍。当然、素足を披露する機会も増えることになりますが…みなさんは自分の素足に自信があるでしょうか?
ありがちなのが、ガサガサかかと。今回はかかとケアについてのお話しです。
これを読んで、素足の準備を万全にしておきましょう。

夏は素足を見せる季節

夏は素足を見せる季節

素足を見せる夏の季節、ガサガサかかとだと恥ずかしい思いをすることになりますよ。周囲から、あなたのかかとが見られているかもしれません。


・かかとがガサガサだと見られた時に恥ずかしい
中には「かかとなんて誰も見ていないから大丈夫!」と、ガサガサかかとのままサンダルを履いているような女性もいますが、実は男性というのは意外と女性のいろいろなパーツをしっかり見ているもの。
チェックしようという意識がなくても、つい目が行ってしまった…そんなとき、隣の女の子のかかとがガサガサ真っ白だったら、ドン引きしてしまいますよね?見られた女性のほうだって恥ずかしい思いをするでしょう。
そんなことにならないためにも、日頃からしっかりとケアしておくことが大切なのです。

・ガサガサかかとになる原因は?
ガサガサのかかとになってしまう原因はいろいろとありますが、多いのが外部刺激です。
かかとは全体重がかかることも多く、また歩く・走るなどの動作によって摩擦が生じやすいパーツです。そうなると、どんどん角質が厚く、そして固くなってしまうのです。
外部刺激のほかにも、乾燥が原因になっていることも多くあります。かかとには皮脂腺がないので、すぐに油分不足になってしまい水分が逃げてしまいます。
乾燥が悪化すると角質化して、ひどいときには皮剥けやひび割れが起きてしまいます。

ほかに、加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって肌の再生力が低下すると、古い角質が蓄積しやすくなってしまいます。
注意しておきたいのが、「ガサガサかかとの原因が実は水虫だった」というケースが少なからずあるということ。ケアしてもなかなか治らない、痒みがある、などの場合は、迷わず皮膚科に相談しましょう。

・自分にあった方法でケアをしないとトラブルになる可能性も
ご紹介したように、ガサガサかかとの原因も人によってさまざまです。自分に合ったケアをしないことには、思ったように改善しないと思います。
例えばホルモンバランスが乱れていてかかとの角質が硬くなっているのに、保湿だけしていても根本原因は解消しません。
しっかりと原因を見極めて、適切なケアをすることが改善までの近道と言えるのではないでしょうか。

自宅でできるフットケア3つの方法

自宅でできるフットケア3つの方法

ガサガサかかとの原因がわかったら、今度はガサガサかかとのセルフケアを3つご紹介します。ケア方法もいくつかあるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

・【その1】すぐに結果を出したいなら「削るケア」
硬くなった角質を削るのは、昔から取り入れられているケア方法です。削るケアのメリットは、その日に結果が出ることややすりなどの専用アイテムが簡単に手に入ること、またアイテムが繰り返し使えてリーズナブルということだと思います。
しかし、削り過ぎると肌を傷めてしまったり、また頻繁にケアすることが新たな外部刺激となって角質の硬化が進んでしまうこともあるので、十分注意しながら行うようにしてください。

・【その2】皮膚が弱い人にもおすすめなのが「磨くケア」
即効性のある削るケアも、あまりおすすめできない人がいます。それが皮膚が薄い人や弱い人です。
いくら角質が硬く、厚くなっているとはいえ、皮膚が弱い人が足の裏を削ってしまうとすぐに痛みが出たり赤みが出たりしてしまいます。
そこで、皮膚が弱い人におすすめしたいのが磨くケア。スクラブが入っているクリームなどで優しくマッサージしていくことで、少しずつガサガサかかとを改善に導きます。
今では専用のクリームもたくさん販売されているので商品探しに困ることはないと思いますが、角質を取り除く効果が弱く、またたくさんの商品がある中であまり効果が見られない商品もある点は、残念ながらデメリットと言えるでしょう。

・【その3】最近人気なのは「はがすケア」
以前からある削るケアや磨くケアに加え、最近人気が出てきたはがすケアもおすすめです。
はがすケアとは、ピーリング剤などを利用して古い角質を除去していく方法。要するに顔のピーリングの足裏版ですね。専用の薬液を足に浸すと、少しずつ硬くなった角質がはげてきます。
やすりで肌を傷つけるリスクもなく、また磨くケアより効果が高いのがメリットですが、角質が全てはげるまでには数週間を要します。
時間がかかってもいいという人におすすめですが、はがれている途中の見た目は決して良いものとは言えないので、実行するタイミングはちゃんと見計らってくださいね。

まとめ:日頃の保湿ケアで、綺麗な足をキープしましょう!

ご紹介した3つのケア方法。どれもメリットとデメリットがあるので注意が必要です。
また、どのケア方法を行ったあとも、クリームなどでしっかりと保湿することが重要です。
かなりかかとが硬くなった状態だと、もとのふっくらした足裏まで戻すのはかなりの時間と労力を要しますから、できれば毎日の保湿ケアと定期的な削る・磨く・はがすケアを習慣づけて、いつ見られても平気なツルツルかかとをキープできるといいですね。
もちろん冬場だっていつ素足になる機会がやってくるかわかりませんから、フェイスケア同様、足裏ケアも抜かりなく!

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報