list
筋トレ→有酸素運動が正しい順番?最もダイエットに効果的な方法とは

筋トレ→有酸素運動が正しい順番?最もダイエットに効果的な方法とは

SNSでシェアしよう!

ダイエットする際に、有酸素運動・筋トレなど、運動をしようと考える人も多いのではないでしょうか。実は筋トレ→有酸素運動の流れで複合的に運動をすると効率的に痩せることができるって知っていましたか?

この記事を読んで、筋トレも有酸素運動も取り入れた効率的なダイエットをしてみましょう♪

▷そもそも有酸素運動ってなに?

◆有酸素運動とは

有酸素運動は、比較的弱い力を筋肉に一定時間かけることにより、体内に蓄積されている体脂肪を燃焼させる運動のことです。

この脂肪を燃焼させる為に必要なのが“酸素”で、20分以上運動を続けることにより、脂肪の燃焼が効率的に起こるとされています。

代表的な有酸素運動は、ウォーキングやゆっくりとした水泳、エアロビクス、エアロバイクなどです。

▷筋トレって具体的にどういうこと?


◆筋トレは無酸素運動

短距離走やダンベルを使った筋力トレーニングは「無酸素運動」と呼ばれ、主に筋量の増加に効果があるとされています。

筋力の増加には効果がありますが、短時間の瞬間的にしか運動ができないのが特徴。

しかし、筋トレにより筋肉が増えると基礎代謝が増加するため、寝ている間にも脂肪を燃焼することができる“痩せやすいカラダ”になることができます。




▷結論:筋トレ→有酸素運動の順に!

◆筋トレ→有酸素運動の順がいい理由



筋トレなどの無酸素運動の後は基礎代謝が上がっている状態のため、脂肪燃焼の効果が高まるといわれています。

基礎代謝が上がっている状態のまま、更にウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼させると、よりダイエットに効果的といえるでしょう。


◆さらに体脂肪を効率よく減らすポイント



ウォーキングなどの有酸素運動は、運動開始後約20分後に皮下脂肪や内臓脂肪などを燃焼し始めるとされています。そのため、まとまった時間が取れる場合は20分以上継続して運動を行うとよいでしょう。

また、有酸素運動を20分→休む→有酸素運動を20分など、細かく有酸素運動を取り入れる方法でも、運動を止めたタイミングで脂肪を分解する働きが0になる訳ではないため、40分間連続で有酸素運動を行った場合と、ほぼ効果は変わらないともいわれています。

自分にあった方法で、筋トレやウォーキングなどを行うと良いでしょう。



SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報