list
ダイエットの参考に!脂肪が付きやすい、付きにくいパーツは?

ダイエットの参考に!脂肪が付きやすい、付きにくいパーツは?

SNSでシェアしよう!

食事から摂取したカロリーが余ると脂肪として蓄積してしまいますが、実は脂肪が付きやすいパーツは、年齢や性別によっても変わってきます。今回は脂肪の付きやすいパーツ、付きにくいパーツについて年代別に調べてみました。

20代で脂肪が付くのは?

20代前半は人生で最もボディーラインが美しくなるといわれています。基礎代謝量や筋肉量もピークを迎える時期が23歳頃といわれ、そこから減少が始まります。
まず最初に脂肪が付いてくるのがウエスト。その後に二の腕アンダーバスト太ももお尻などに脂肪が付きはじめるのですが、まだ20代ですから10代の頃と同じような食生活を送ってしまいがち。するとどんどん脂肪が蓄積してしまいます。

30代では下半身が太る

30代になると頬の肉が落ちてくるので、周囲からは「痩せた?」と聞かれることもあるでしょうが、下腹部、腰回り、太ももに脂肪が付きやすくなってきます。残念ながらくびれが失われるのもこの年代が多いといわれているので、早めのケアが大切です。脂肪が付いて筋肉量が減ってくると腰痛などのトラブルも生じますから、体幹トレーニングなどを行ってインナーマッスルをしっかりと鍛えておく必要があります。

40代は脂肪だけでなく老化も・・・

40代ではますますお腹周りのサイズがアップし、背中にもしっかりと脂肪がついてきます。ところが「太ももは細くなってきた」という人が、この年代には結構多いといわれています。しかし、これは引き締まったのではなく筋肉量が減少しただけ。加齢によって1番最初に痩せてくるパーツが脚ですから、ウォーキングや足腰を鍛えるトレーニングでしっかりと筋肉量を維持する必要があるのです。

脂肪が付きやすいパーツをご紹介しましたが、年代に関わらず脂肪細胞が少なく動かす機会の多いふくらはぎ、肩、腕は脂肪が付きにくいといわれています。このように脂肪の付きやすい、付きにくいを把握するとダイエットもやりやすくなるのではないでしょうか。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報