list
深夜の晩御飯は危険!デブを避けたい裏ワザ食事法

深夜の晩御飯は危険!デブを避けたい裏ワザ食事法

SNSでシェアしよう!

「深夜の食事はデブまっしぐら」と良くいわれますが、残業などでどうしても夕食が遅くなってしまうこともありますよね。そんな時は、深夜に食べても太らない裏ワザで乗り切りましょう!

「塩分」に要注意!

遅い時間帯の食事で気をつけたいのが「塩分」です。塩分が高い食事は食事の脂肪分を吸収しやすくなるといわれているうえ、体内に余分な水分を溜め込んでむくませてしまいます。飲み会などで深夜に食事をした翌朝、顔がむくんでパンパンになるのは塩分の仕業なのです。塩分の代わりに、旨味成分を含むきのこや酢、レモン、スパイスなどを上手に使って、できるだけ塩分摂取を少なくしましょう。

タンパク質・ビタミン・ミネラル

深夜の食事のあとは寝るだけですから、動くことによってカロリーを消費することができません。ですから、できるだけ炭水化物と脂質の摂取は控えめにするのが良いでしょう。反対に、摂取したいのが良質のタンパク質とビタミン・ミネラルです。卵や豆腐を入れた野菜たっぷりのスープなどは、おすすめしたいメニューです。消化が良いというのも大事なポイントになるので、気をつけてみてくださいね。

ストレスはNG

深夜に食事をするとき、「本当は食べるべきではない」「今、食べるのは良くない」と考えながら食べている人も多いでしょうが、このようにストレスを感じながら食べるのは絶対にやめましょう。上手にメニューを選び、適量を良く噛んで、美味しいと思いながら食べれば太ることもありません。ちょっとしたことに気をつけるだけでデブを回避できますから、ぜひ参考にしてみてください。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報