list
若い女性に感染拡大中!?ホントはとっても怖い性病「梅毒」とは
画像出典:

若い女性に感染拡大中!?ホントはとっても怖い性病「梅毒」とは

SNSでシェアしよう!

ここ数年、梅毒の感染者が非常に多くなり、女性の間でも大流行を見せています。梅毒は自然治癒が見込める病気ではなく、放っておけば最悪の場合死に至る可能性のある病です。

この病気は一体どのような病気で、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。そして治療は出来るのでしょうか。

梅毒って一体どんな病気?

梅毒とは梅毒トレポネーマという細菌に感染することによって起こる病気であり、性交渉によって感染するケースがほとんどです。進行は段階的で、一旦症状が治まってまた症状が出て来るということの繰り返しで、症状が徐々に重症化していくのが特徴です。

初期症状としてはまず感染した場所にしこりが現れ、そのしこりは2、3週間で消失をします。痛みを伴うことが多いですが、太腿の付け根辺りに出た場合は痛みを感じないことが多いようです。

一旦この症状が治まり、感染から2、3ヶ月ほど経過した時に現れるのがバラ疹と呼ばれる全身の湿疹です。これは大小様々な湿疹が胸や背中、あるいは手足に出来るためバラ疹と呼ばれているのですが、最初の段階で手を打たないと血流に乗って梅毒が全身に周りこのような症状を発症させます。

太腿の付け根に現れていた腫れは今度はリンパに流れ、リンパ全体の腫れになって現れます。この症状もいつまでも続くわけではなく、一定の期間を過ぎれば自然と消えていきます。

しかし、3年あるいは10年が経過すると心臓や血管などにダメージを与え、血流を悪くし脳にもダメージを与えることがあります。神経の異常や認知症のような症状を併発し、最終的には死亡します。

かつては不治の病として認識されていたこの病気も治療薬があり、末期にまで至る人は稀と言われています。ですが安易に考えて放置をしておくとその限りではありませんので、おかしいなと思ったら病院に行き検査を受けることをおすすめします。

梅毒の恐ろしさは感染力の強さにある

梅毒は性感染症の一種ではありますが、性交渉で感染するケースがほとんどです、と説明したのには理由があり、梅毒は非常に感染力が強いのです。

例えばHIVの場合、同じコップを使ったくらいでは感染しないものですが、梅毒の場合は感染した部位が接触をしていればこれだけでうつる可能性が高いのです。

コンドームを付けてセックスをすれば感染が防げるという生易しいものではなく、キスやオーラルセックスなどでも感染する可能性が非常に高いのです。

感染を防ぐためには不特定多数の人とセックスをしないこと、パートナーがいる場合にはパートナーにも同様のことを守らせることです。

男性の場合、風俗は定期的に検査をしているから安全と言う人もいますが、自分の前に接客をした人が梅毒ではないという保障はありません。

また女性の場合では妊娠していた場合、赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいますのでくれぐれも注意をしましょう。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円