list

口呼吸→鼻呼吸に変えるだけで、美肌&ダイエット!?

SNSでシェアしよう!

あなたは普段呼吸を口でしていますか?それとも鼻ですか?通常人間は鼻から呼吸をしますが、最近では口呼吸の人も多くなっているという報告もあります。
けれども口呼吸には美容面でも健康面でもリスクがたくさんあるんですよ。
そのため口呼吸を鼻呼吸に変えるだけでもダイエット作用があると言われています。
それってどういうことでしょうか?

口呼吸を続けていると、顔がたるんで全身が太る!?

口呼吸はラクな気がしますが、実際はデメリットがたくさんあるのはご存じですか?

■たるみやしわの原因に
口呼吸をしているときは口の周りの筋肉(口輪筋)が常に緩んだ状態です。使わずに緩んだままだと筋肉はどんどん衰えて、近くの顔の筋肉もたるんでいきます。こうして表情筋が退化していくと、表情が乏しくなったり、二重あごやしもぶくれの原因になったり、口角が下がったり、目元のしわやたるみもできやすくなってしまいます。

■太りやすくなる
さらに口を半開きにしていると体全体にも力が入りにくく、だらりと姿勢が悪くなって、猫背がちになります。
これがまた顔やお腹周りのたるみやぜい肉を助長してしまうのですね。

もっとおそろしいことに、全身の筋力が落ちることでエネルギーの代謝が悪くなり、痩せにくく太りやすい体質になってしまうのです。

■虫歯や口臭も
また口呼吸によって口内が常に乾燥していることで、唾液による正常な清浄作用が働かず、虫歯や口臭が起こりやすくなってしまうんですよ。
さらに舌の筋力も低下して、歯並びが悪くなることも知られています。小さいころから口呼吸をしている人は出っ歯や受け口になりやすいのです。

■病気に感染しやすくなる
また、本来の鼻呼吸であれば、外気を吸い込んだ時に鼻腔を通る時に、空気中の微細なチリをからめとったり、雑菌やウイルスを排除する働きがあり、体への侵入を防いでくれます。また鼻の中で温めて加湿してから空気を気道や肺に送ることも、病気になりにくい効果があります。
しかし口呼吸だと外気をダイレクトに気道に入れてしまうので、病気を防ぐ役割が十分に果たされないのです。

鼻呼吸はこんなふうにすると効果的

つまり、鼻呼吸にするだけで、ざっくり以下のメリットが得られるわけです。

■鼻呼吸のメリット

・顔の筋肉が引き締まり小顔になれる

・顔のこじわやたるみが解消されて若々しい美肌になれる

・よい姿勢をキープしやすくなることで全身の筋力がアップし、代謝があがり痩せやすくなる

虫歯や口臭、病気感染を予防するカラダ本来の自浄作用が働く


■正しい鼻呼吸とは

口を閉じた状態上下の歯はつかないくらいが理想です。ふだん歯を噛み締めてしまっている方は顎関節のトラブルや歯の痛みやすり減りになってしまうので、食べているとき以外は上下の歯をできるだけくっつけないようにしましょう。

舌は上あごにくっつけた状態が正しい位置です。
口呼吸を日常的にしている方はこの舌の筋肉が衰えて、舌を上に持ち上げた状態をキープするのがつらいかもしれません。しかし、この位置をふだんから意識していることで舌やのどがきちんと機能するようになって、誤嚥や下あごのたるみが改善されますよ。

背筋をきちんとのばして、よい姿勢にしましょう。

そして鼻呼吸ですが、しっかりと息を吐くことを意識しましょう。古い呼気を吐ききることで新鮮な空気を十分に取り込むことができるようになります。

寝ている間はテープを活用

とはいえ、起きている間は意識できても寝ている間はどうにもできませんね。
知らないうちに口で呼吸していて、大きないびきをかいていた、たまに呼吸が止まってしまうことがある、という方もいるかもしれません。
そんな時は、専用のテープを唇に貼って、口を閉じた状態で寝るようにしましょう。
続けているうちに口回りの筋力が正常に働くようになって、だんだん無意識に鼻呼吸ができるようになりますよ。

このように鼻呼吸をすると、美容と健康どちらにもよい影響がたくさんが得られるようになります。
普段は無意識でしている呼吸ですが、正しい呼吸ができているかどうかは別の話。

ダイエットをしていてもなかなか痩せない、顔のたるみが気になる、という方はぜひ一度、呼吸を見直してみるといいですね!

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円