list
スルー厳禁!“ジブンだけ”写真にカワイク写る3つのマル秘テクニック
画像出典:

スルー厳禁!“ジブンだけ”写真にカワイク写る3つのマル秘テクニック

SNSでシェアしよう!

「写真うつりが悪いから・・・」と、写真に撮られるのが苦手な女子は割と多いようですが、本音は「カワイク写りたい!」ではないでしょうか。そこで今回はカワイク写真に写るテクニック3選をご紹介します。これであなたもカワイク写真に写るのを目指せちゃいます!

集合写真は真ん中で

まずは集合写真編です。集合写真を撮るときにあなた1人だけ抜けることなんてできませんから、カワイク写るテクを知っておきたいところ。集合写真の際は、端よりも真ん中に立ちましょう。端になればなるほどレンズの関係で膨張して見えるので、苦手だからと端に立つのは逆効果なのです。体を斜めにして顔を正面に向ければスタイル良く写ります。そしてシャッターに合わせて顎を少しだけ引き、あとはカメラに向かって自然に微笑みましょう。

屋外の場合、晴れの日は注意!

写真は光がとても重要になります。基本的に明るいほうがキレイに写るのですが、屋外の場合、晴れていて光が強すぎると逆効果になることもあるのです。ですから、少し雲のあるような日が最適です。光が強すぎる場合は建物の陰や木陰など、ほど良く光を抑えられる場所を選びましょう。逆光にしてフラッシュをたいて撮影してみても、味のある写真が撮れますよ。

屋内の場合も光を活用

屋内での撮影なら、迷わず窓際で。窓から入る光の明るさでキレイに写ることができます。また、白い壁をバックにして写れば、さらに顔がキレイに写ります。もし夕方など外が暗い場合であれば、照明の下に立ちましょう。裏ワザとして、白い布を使う方法もあります。座って写るときに膝のあたりに白い布をのせると、光が反射して顔がキレイに写るのです。写真を嫌がるより、撮られ慣れるほうが写真うつりが良くなるともいわれていますから、ご紹介したテクニックを覚えてどんどん写真に写ってみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報