list
リラックス効果や美容効果も!?話題のCBDについて徹底解説
画像出典:
Adobe Stock

リラックス効果や美容効果も!?話題のCBDについて徹底解説

SNSでシェアしよう!

最近「CBD」という略語を見かける機会が増えたように思います。CBDとは、カンナビジオールの略称。大麻草などに含まれる成分のひとつで、医療や美容業界でも話題になっています。大麻草と聞くと怖いイメージを持つかもしれませんが、大丈夫。その効果や使い方、注意点などをご紹介します。

よく見かけるようになった「CBD」って何?

「CBD」とは、カンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。高い健康効果に注目が集まり、医療や美容業界でも話題になっています。CBD配合の食品やサプリメント、化粧品などが続々発売されており、見かける機会も増えたでしょう。

大麻草の成熟した茎や種子から抽出される成分であり、精神作用や中毒性がないものです。

日本では大麻が麻薬の一種として禁止されているため、怖いイメージを持つかもしれません。大麻には、さまざまな成分が含まれています。大麻の成分が全て違法なわけではなく、日本でも合法なものも。

大麻から採取できる有効成分は、主に2種類。CBDと、THC(テトラヒドロカンナビノール)です。THCは幻覚作用や多幸感などをもたらし、依存性もあります。日本で規制対象になっている成分です。

一方CBDは、THCのような効果をもたらすことがなく、日本でも規制対象になっていません。CBDを摂取することでリラックス効果が得られますが、THCのような劇的な強さはありません。副作用が全くないことはないですが、軽度なため、心身への悪影響はほとんど報告されていないそう。

WHOも安全性を認めており、世界各国で注目されています。CBDが配合された商品も続々発売され、店頭でも見かけるようになりました。日本では、厚生労働省や検疫所に資料を提出してから合法で販売されています。

大麻由来と聞くと不安になるかもしれませんが、そこから抽出される成分が必ずしも悪いものではないのです。

大麻成分 CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)の違い
画像出典:
Adobe Stock

CBDはどうして体に良いの?

CBDにはどんな効果があるのかも気になりますよね。また、副作用についても解説します。


■CBDが作用するメカニズム
人間には、もともとエンド・カンナビノイド・システム(ECS)が備わっています。体内でさまざまな機能を制御するシステムで、食欲や睡眠、感情や記憶などをコントロールしています。

生活する上で大切なシステムですが、強いストレスや加齢などでECSの働きが低下するといわれています。

CBDは植物由来のカンナビノイドなので、体内に取り入れることでカンナビノイドの欠乏を補います。

■CBDの効果
CBDにはさまざまな効果が期待できるとされています。

認知症やうつ病、自己免疫疾患、不眠症など、病気の治療を期待できる可能性もあるとされ、CBDオイルを取り扱っているクリニックもあります。

ほかにも、自律神経を整える作用から、リラックス効果も。美容としては、抗酸化作用や抗炎症効果、にきび防止など、肌への効果も期待されていますよ。

■CBDの副作用
副作用はほとんどないとされていますが、人によっては軽度の副作用が出ることも。眠気やめまいが出る場合もあるので、運転前の使用には注意しましょう。

また、常用薬がある方は、かかりつけ医に相談するのがオススメです。

花粉や食物と同様に、アレルギー反応を起こす方もいます。違和感を覚えたら、使用を中止して専門医に相談してくださいね。

CBDの作用
画像出典:
Adobe Stock

CBDアイテムはどのようなものがあるの?

CBD配合のアイテムは、さまざまなものがあります。まずは使いやすさから選んでみても良いかもしれません。

■オイルタイプ
吸収率に優れているため、効果を感じやすいですよ。瓶型であれば、付属のスポイドで舌に滴下し、少しずつ飲み込みます。CBDオイル特有の苦味や渋みがあるので、苦手な方はフレーバータイプがオススメです。

肌に塗ることでも吸収されます。ロールオンタイプであれば、塗りやすくて便利ですよ。

■カプセルタイプ
サプリメントのように摂取できるため、簡単で続けやすいのがポイントです。オイルを経口摂取するときの味が苦手だという方にもオススメ。

また、アメやグミなど、より食べやすいタイプもあるので、チェックしてみて。

■スキンケアタイプ
化粧水やクリーム、バーム、入浴剤など、美容アイテムに配合されたものもあります。

CBDを試してみたいけどなんだかハードルが高いという方でも、比較的取り入れやすいと思います。吸収率が低く作用も穏やかです。フェイスケアやボディケア、ヘアケアとさまざまなアイテムがあるので、自分の悩みがある箇所に使用してみてください。

CBDアイテムの種類
画像出典:
Adobe Stock

CBDアイテムの注意点

CBDを使ったアイテムを選ぶ際には、気をつけたほうが良いこともあります。

日本では規制対象であるTHCが合法になっている国もあります。個人輸入や海外で購入する際には注意が必要です。国内で販売されているものを購入した方が安心です。

国内製品でも不安がある場合は、第三者機関で成分分析を行っているかを調べると良いでしょう。大手のセレクトショップなどであれば、より安心して購入できるかと思います。

また、CBDはあくまで健康食品だということを念頭に置いておいて。効果を期待したいからと摂取しすぎないように注意しましょう。

あなたらしい取り入れ方で試してみて

CBDには期待できる効果がたくさん!健康悩みや美容悩みがある方は、ぜひ検討してみて。いくつかの摂取方法があるので、自分が続けやすいタイプから始めてみるのがオススメです。

好きなドリンクにCBDをドロップして提供する、CBDカフェもオープンしています。これからより身近な存在になっていくかもしれませんね。

心身を整えるアイテムとして、あなたらしく取り入れてみてはいかがでしょうか。

執筆者

西田 彩花美容ライター
西田 彩花美容ライター

取得資格
・美容薬学検定1級(2014年6月)
・日本化粧品検定1級(2015年5月)
・コスメコンシェルジュ資格
・第2回コスメコンシェルジュコンテスト金賞受賞(2017年)
・JMA メイクアップアドバイザー検定…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円