list
お尻と太ももを引き締めるには?魅せるカラダ=美ボディの作り方講座
画像出典:
Adobe Stock

お尻と太ももを引き締めるには?魅せるカラダ=美ボディの作り方講座

SNSでシェアしよう!

服で隠せば…とカラダのラインを隠し、ダボッとしたゆるい服ばかり着ていると「このお肉はお尻の一部?それとも太もも?!」いつの間にかそんなボディラインになってしまいます。

女性として魅力的なボディライン「美ボディ」を目指すには、ある程度の緊張感は必要かも。あなたは、自分の後ろ姿に自信はありますか?お尻と太ももを引き締める美ボディの作り方を知って、"魅せる"カラダづくりを始めましょう。

魅せるカラダ=美ボディづくりに1番大切な事は?

「よし!美ボディを目指そう!」そう気合いを入れてトレーニングを始めたけどなかなか続かない…そんな風に途中で挫折してしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

女性にとっての「美ボディ」って、見た目や数字などで変化を感じるまでに、少し時間が必要です。特に運動習慣のなかった人にとっては、トレーニングを始めて1〜2ヶ月は、筋肉が発達し始める前の準備段階のようなもの。ここでなかなか目に見えた変化を感じられず諦めてしまう人も!

まずは3ヶ月、「コレなら簡単!短時間で出来て、ストレスなく続けられそう」そんな低いハードルをまずは設定して、一つ一つゲーム感覚でクリアしていきましょう。とにかく女性の美ボディの作り方で1番大切なのは"続けること"です。

魅せるカラダ=美ボディづくりに1番大切な事は?
画像出典:
Adobe Stock

下半身を鍛えて代謝アップ!

あなたがもし引き締まった「美ボディ」を目指すなら、"基礎代謝をあげる"ことも重要です。基礎代謝とは、安静にしている時に使われるエネルギー量のこと。この基礎代謝には、骨格筋の筋肉量が関係します。

筋肉量が少ないと基礎代謝は低くなってしまうので、まずは比較的大きな筋肉が多い"下半身"を中心にカラダづくりを始めることをオススメします。大きな筋肉を鍛える事で、エネルギー消費量が効率よく上がり、脂肪がつきにくく、痩せやすいカラダづくりに繋がりますよ。もちろん、トレーニングだけではなく、バランスの取れた食事や質のいい睡眠をとることなども同時に心がけて下さいね!

お尻と太もものメリハリで脚長効果!

お尻の筋肉が落ちてしまうと、お尻と太ももとの境目がなくなります。脂肪組織も筋肉が下支えしているので、その脂肪も横に広がったり、下に下がったりでお尻全体の面積が広がった状態に。

その結果、脚が短く見えてしまいます。お尻の筋肉を引き締め、ヒップトップの位置を上げましょう。ボディラインにメリハリがつき、脚長効果が期待できるはずです。

お尻と太もものメリハリで脚長効果!
画像出典:
Adobe Stock

引き締まったお尻と太ももの作り方

①まず床に仰向けになり、膝を立てて腰幅に開きます。
②お尻の筋肉を使いながら、骨盤を持ち上げます。


脚の付け根部分がフラットになるところまで上げ、この時にお腹が緩んで腰を反らないように注意しましょう。

引き締まったお尻と太ももの作り方
画像出典:
Photo by 鳥越玲子

テンポはゆっくりと、使っている筋肉をきちんと意識しながら、始めは10〜20回程行なってみましょう。慣れてきたら、それを2〜3セット行いましょう。

お尻を持ち上げる動作で、脚の付け根の奥にある大きな血管やリンパ節を刺激して、下半身の血流やリンパの流れも促進されます。下半身の冷えやむくみの解消にも効果的

"朝起きたら必ずやる"など、日常の当たり前のルーティンとなっていけば、確実に効果を実感出来るでしょう。美ボディを目指してLet's try!

執筆者

鳥越 玲子 骨盤調整インストラクター、フィットネスインストラクター
鳥越 玲子 骨盤調整インストラクター、フィットネスインストラクター

【プロフィール】
1970年福岡県出身。
福岡大学体育学部体育学科卒業。
大学卒業後、福岡でエアロビクスインストラクターとして活動をスタート、その後東京に活動の場を移し、フリーのフィットネスインストラクターとして多数のレ…

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円