list
豆類_メインビジュアル
画像出典:
Adobe Stock

豆類で代謝アップや疲労回復!季節の変わり目に健やかな体作りを目指そう

SNSでシェアしよう!

春は、そら豆・さやえんどう・グリーンピースなど豆類の多くが旬を迎える季節です。豆類には糖質や脂質、また疲労物質の代謝をサポートするビタミンB群や食物繊維など私たちの美容と健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

今回は、代謝アップや疲労回復を叶える‟豆類”についてご紹介します。

春が旬!取り入れやすい豆類とは?

スナップエンドウ、さやえんどう、そら豆、グリーンピースなどは、春先から出回り始め、入手しやすい豆類です。肉厚なスナップエンドウはさっとゆでるだけで甘みが増してとてもおいしいので、あと一品ほしい・・・という時におすすめです。

また、そら豆は鮮度が命なので、購入したら早めにグリルでホイル焼きにするなどして味わいましょう。豆類の中では珍しく鉄分も豊富なので貧血が気になる時にもおすすめです。

グリーンピースは「豆ごはん」にして炊き上げるとおいしいですよ。腸活に欠かせない「食物繊維」の含有量もトップクラスの豆類です。

豆類に豊富なビタミンB群で代謝アップ!

①「ビタミンB1」で糖質の代謝をサポート

豆類に豊富なビタミンB1は、主に糖質の代謝をサポートする働きが期待されており、体脂肪がたまりにくい体作りに欠かせません!

また、神経機能をサポートする働きも期待されています。季節の変わり目は気温の変化や環境の変化から、自律神経のバランスも乱れがち。ビタミンB1で太りにくく、健やかな体作りを目指しましょう。

※ビタミンB1は、特にえんどう豆に豊富です。玉ねぎ・にんにく・ネギなどと一緒に摂ることで体内で効率的に長時間働くと期待されています。ビタミンB1が豊富な玄米に、えんどう豆とすりおろしにんにく、塩少々を合わせて炊き上げる豆ごはんは、手軽に作れて栄養価も高いのでおすすめです。

②「ビタミンB2」で脂質の代謝をサポート

豆類に豊富なビタミンB2は、特に脂質の代謝をサポートする働きが期待されています。また、皮膚や粘膜の健康維持にも関わるため、吹き出物などの肌荒れや口内炎・口角炎などの予防にも欠かせません。

※ビタミンB2は、特にグリーンピースに豊富です。さやから出すと豆の栄養価がいっきに下がるため、さやのままの豆を購入して、早目に調理しましょう。さやから出してさっと塩ゆでしたあと、同じくビタミンB2が豊富な卵と合わせ「卵とじ丼」にすればおいしく、効果もより期待できます。

豆類に豊富なビタミンB群で代謝アップ!
画像出典:
Adobe Stock

疲労物質「乳酸」の代謝もサポート

ビタミンB群は、疲労物質「乳酸」の代謝もサポートします。冬から春先への季節の変わり目は、寒暖差や環境の変化などで知らず知らずのうちに体の疲れがたまりがち。

特に今年はコロナ禍による生活様式の変化や外出自粛によるストレスも増えがちですよね。上手に自分なりのリラックス方法や、リフレッシュタイムを取り入れると同時に、ビタミンB群が豊富な食材のパワーで体の内側からも疲労を溜め込まない工夫が大切です。

良質たんぱく質で美肌作りや健やかな体作りも!

豆類には良質なたんぱく質も豊富に含まれています。良質なたんぱく質は細胞のもとにもなる重要な栄養素!強くて美しいお肌作り、新陳代謝(ターンオーバー)の維持などには、タンパク質は欠かせない存在です。また、私たちが日中活動するための大切なエネルギー源のひとつにもなります。

豊富な食物繊維で腸活もサポート!

豆類には食物繊維も豊富です。食物繊維は、便秘の解消やコレステロールの排出などに関わり、腸内環境の改善に欠かせない存在。春先から気になり始める花粉症予防のためにも、腸内環境を整え免疫力をアップしておくことが大切です。

通年手に入る食材でも、旬の時期の栄養価はとても高く、香りや味わいも格別です。旬のおいしい豆類をいろいろと食べ比べたり、食事に取り入れながら、内側から健やかで美しい体作りを目指したいですね。

豊富な食物繊維で腸活もサポート!
画像出典:
Adobe Stock

執筆者

國塩 亜矢子フードコーディネーター
國塩 亜矢子フードコーディネーター
旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !

所有資格
・女子栄養大学認定・食生活指導士1級
・べジフルビューティーアドバイザー
・調味料ソムリエ
・キッズキッチンインストラクター

著書
・決定版!節約・冷凍レシピ(宝島社)

プ…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Editor's pick