list
冬は老けやすい?エイジングを加速させない冬のケアのポイント
画像出典:
Adobe Stock

冬は老けやすい?エイジングを加速させない冬のケアのポイント

SNSでシェアしよう!

気温や湿度の低下が著しい冬は、肌にとって過酷な季節。肌の乾燥や冷えによる血行不良で肌が不調に陥るだけでなく、シワやたるみ、くすみなどのエイジングが加速しやすい季節でもあります。

そんな厳しい冬に立ち向かい、エイジングに待ったをかけるには日々のケアが重要となります。今回は、老けやすい冬にエイジングを加速させないケアのポイントをご紹介します。

ファーストステップはメイクや汚れをきちんと落とすこと

乾燥が気になると与えるケアばかり重視しがちですが、化粧水や美容液などの化粧品をしっかりと肌に届けるためにも、まずは肌を清潔に保ち、それらをしっかりと届けられる環境を整えておくことが大切です。

そのためには日々の汚れやメイクをきちんと落としましょう。冬こそ洗顔やクレンジングを丁寧に行うことが冬のケアのファーストステップです。

とはいえ、「どうにも乾燥する時に落とすケアは不安…。」「粉が吹くほど乾燥しているのに洗顔すると刺激を感じる…。」そんな声があるのも事実。

美容のプロとして活動している筆者は、朝の洗顔、夜のクレンジングを推奨しています。けれども、肌に不安要素がある場合はぬるま湯洗顔を一時的に取り入れたり、皮膚科を受診して医師のアドバイスを受けたりすることもひとつの手です。ご自分の肌とよく相談しながら、柔軟に対応しましょう。

洗顔料やクレンジング料も保湿力が高く、洗浄力が強すぎないものを使用することが大事なポイントです。

軽い洗浄力でも汚れを除去できるように、例えば、冬は落としやすいメイクを心掛けるとよいでしょう。そして、クリームやミルクといったマイルドな使用感で保湿力の高いクレンジング料に切り替えるのがおすすめです。

ファーストステップはメイクや汚れをきちんと落とすこと
画像出典:
Adobe Stock

スキンケアの基本は保湿!冬の乾燥に立ち向かうために

特に厳しい冬の乾燥に立ち向かうためには、他の季節よりももう一歩踏み込んだ保湿ケアが必要になります。

例えば、皮脂の分泌量も低下していることを考え、日頃は化粧水、美容液、クリームというケアをしているのであれば、冬は美容液とクリームの間、もしくは、先行型の場合は化粧水の前に乳液をプラスしてみましょう。このほかオイルやブースターをプラスしてみたり、クリームをワセリンが配合されたものに切り替えてみたりすることもおすすめです。

また、毎日使用する化粧品も日頃より一層保湿力の高い商品を選ぶことが重要となります。そのためには肌の仕組みや状況を理解することも大切です。

年齢を重ねると、徐々に肌の水分をキープする角質細胞の中のNMF(天然保湿因子)や、細胞同士をつなぐセラミドといった潤い成分が不足してしまい、そのことも乾燥を加速させることにつながります。乾燥肌はバリア機能が低下して敏感肌に傾いたり、いつも通りのケアをしていても肌トラブルが起こりやすくなります。
ですから、この不足しがちなNMFやセラミドが配合された化粧品を選び、肌の水分保持力をバックアップしましょう。

スキンケアの基本は保湿!冬の乾燥に立ち向かうために
画像出典:
Adobe Stock

守りのケアだけでなく、攻めのケアも積極的に

冬は保湿などの守りのケアを重視しがち。しかし、年齢とともに増え、より深い悩みとなっていくエイジングに立ち向かうためには、季節を問わず攻めのケアを積極的に行っていく必要があります。

シワ改善美容液や美白ケア、肌のハリや弾力を高めるケアなども肌状態を見ながらしっかりと行いましょう。

守りのケアだけでなく、攻めのケアも積極的に
画像出典:
Adobe Stock

加湿器の使用や身体を芯から温めるケアも

暖房の影響で冬の室内は乾燥しがち。加湿器を使用し、室内の湿度を高めることも乾燥対策には欠かせません。

また、冷えは万病の元という言葉がありますが、肌にとっても同様です。そのため冷えは放置せず、日頃の習慣を見直しながら身体を芯から温めるケアを取り入れましょう。

例えばシャワー派の方は温めのお湯にゆったりと浸かることを習慣にする、運動不足が気になる方は自宅でエクササイズを行う、温かい飲み物を飲む、身体の3つの首(首・手首・足首)や腹部を温める、といったようにです。

画像出典:
Adobe Stock

冬こそ十分な睡眠を

冬は寒さや活動量の低下などが原因となり、睡眠の質が低下しやすくなります。睡眠の質が低下すると今あるエイジングをより深くしてしまうリスクのほか、新たな肌トラブルをまねく可能性もあります。

そのため冬こそ寝室の環境を暖かく心地いいものに変えたり、スマホやPCとの付き合い方を見直したり、リラックスできる音楽やアロマなどを取り入れたりして睡眠の質を高めることが大切です。

画像出典:
Adobe Stock

老けやすい冬こそ丁寧な暮らしを

冬が老けやすい季節だからといってこれまでの生活やケアを180度変えなければならないというわけではありません。ご自分の生活習慣を見直しながら汚れを落とし、肌をしっかりと保湿するという基本をベースに、攻めのケアや外的な環境の見直しなどを行い年齢を感じさせない美肌を育みましょう。

執筆者

遠藤 幸子 エイジング美容研究家・美容ライター
遠藤 幸子 エイジング美容研究家・美容ライター

【保有資格】
・日本抗加齢医学会正会員
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー

【プロフィール】
エイジング美容研究家として、ウェブや雑誌にて美容コラムの執筆・監修を行うほかテレビ…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 
引用元:
  • 白野実・かずのすけ著『化粧品選びの常識が変わる!美肌成分辞典』

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円