list
【専門家が教える!】正しい育乳のやり方~おっぱいが変われば人生が変わる~
画像出典:
Adobe Stock

【専門家が教える!】正しい育乳のやり方~おっぱいが変われば人生が変わる~

SNSでシェアしよう!

貴女のそのおっぱい、育てずに一生を終えますか?育乳カウンセラーである筆者が正しい育乳のやり方を伝授いたします。

【育乳とは?基礎知識】

育乳という言葉をご存知でしょうか?文字通り乳(おっぱい)を育てるのが育乳です。今から15年前に育乳という言葉を掲げ「20歳を過ぎても、授乳後でもおっぱいは育ちます!」とSNSで発信していましたが、当時は詐欺だの、金儲けだの言われて叩かれました。しかし、10年の歳月を経て「育乳」は非常識から常識になってきました。

成長期におっぱいが育たなかった女性、授乳後に子供に吸われ萎んでしまったおっぱいなど…どんなおっぱいでも、どんな年齢でも育乳することは可能!というやり方こそが本物の育乳なのです。

昨今では育乳と名をつければ物が売れる時代になりましたが、よく育乳ブラのおすすめは?と聞かれます。プロデュースしている育乳ブラもありますが…「育乳ブラをつけただけでおっぱいが大きくなる!育乳サプリを飲むだけで巨乳!育乳マッサージをしたらバストアップ!」それが本当であれば皆、巨乳です(笑)

今から20年前、当時のバストアップは美容整形に行くか、諦めるかの2択でした。育乳という新常識を提唱し、その効果が認められて今ではバストアップの選択肢が増えました。育乳はやり方次第で誰でも可能ですが、正しい理論を知らないと無駄な努力となります!

育乳とは?基礎知識
画像出典:
Adobe Stock

【本物の育乳理論とは?】

まずは育乳の成功法則からお伝えします。結果(貴女のおっぱい)は貴女の行動の賜物です。貴女の行動は貴女の思想からつき動かされます。結果には必ず原因があり、貴女のおっぱいが成長期に膨らまなかった原因は必ず貴女自身の身体や生活習慣にあります。

「おっぱいは成長期に膨らむ」

これは当たり前の常識ですが、おっぱいが膨らむ為には女性ホルモンをきちんと分泌する身体が必要となります。

おばあちゃん世代(80代前後)は皆、おっぱいも大きく、お肌も綺麗(ニキビのクレーターや肝斑のあるおばあちゃんはあまり見かけない)な方が多くはありませんか?冷え性でもなく(おばあちゃんがダウンジャケット着てるのを見かけますか?)、子だくさんの方が多い印象を受けます。

その一方で現代人はどうでしょうか?おっぱいは小さいか大きいかの両極端で、乾燥肌やニキビなど肌の悩みを抱える人が多く、冷え性、肩凝りに悩んでいる方もよく聞きます。また昔よりも不妊に悩む人が多くなってきているようです。

この違いは何かというと、食生活や生活習慣の違いが大きいとされています。おばあちゃん世代の食生活は3食、お味噌汁とご飯が基本でした。加えて、酢の物、和物、煮物が副食としてあり、メイン料理、ぬか漬け等のお漬物やネギや生姜、大葉等薬味をふんだんに使った食事に食後のデザートでフルーツが出てきました。

また昔は、飲み物も水やお茶がほとんどで、日が暮れたら床につき、朝は日の出と共に起き、朝食はしっかり食べる生活習慣を送られてた方が多いですよね。シャワーなどはなかったので湯船には必ず浸かり、車も発達していない時代は歩いての移動手段が主でした。

上記の通り、現代の人との生活習慣や食生活の違いは歴然です。

本物の育乳理論とは?
画像出典:
Adobe Stock

【育乳しやすい身体づくり】

おっぱいは農作物と同じです。苗を植える時に人は畑を探します。人の手が入ってない畑はひび割れて微生物もミミズもいない。もちろんそこに苗を植えても枯れます。その畑を耕し、水をあげ、肥料を蒔き、ふかふかの土にして苗を植え、また水や肥料を蒔き、太陽を当てます。

人間の身体で例えると、肥料=酵素、太陽=栄養、苗が育つと添え木をします。添え木=姿勢で、もっと育つと害虫がつくから駆除します。害虫=活性酸素であり、そうやって農作物を育てるから美味しい野菜が育ちます。

人間の身体も同じです。女性ホルモンの分泌がきちんと出来る身体づくりをすることによって育乳しやすい身体が出来上がるのです。

育乳しやすい身体づくり
画像出典:
Adobe Stock

【育乳が心と身体に与える影響】

育乳し出すと妊娠したり、生理がきちんとくるといわれます。また、育乳は自分自身と向き合い、受け入れ、自分を大切にします

毎朝、素っ裸で鏡を見たり、お風呂で毎日、育乳マッサージをしたり、自分のおっぱいを育てる為に自分を大切にします。人は自分が鏡になると言われてます自分を大切に扱うという事はそれが鏡になり人からも大切に扱われます。

また、「忙しいから無理!」など言い訳を言っていると育乳に成功しないので、結果を出す為にはどうしたら良いのか?を考える脳になります。それを繰り返す事で成功脳を手に入れる事ができ、結果自分の人生も大きく変わります。

貧乳だから自信がない…女性の多くはそういうコンプレックスを抱えて生きています。正しい育乳法を身につけ、自分の人生を明るい未来に変えましょう

「おっぱいが変われば人生が変わる」努力次第でどんな女性でも育乳は可能です。

育乳が心と身体に与える影響
画像出典:
Adobe Stock

執筆者

戸瀬 恭子(ジャックまま) 育乳カウンセラー(育乳という言葉を作った第一人者)
戸瀬 恭子(ジャックまま) 育乳カウンセラー(育乳という言葉を作った第一人者)

【プロフィール】
1971年12月27日 福井県生まれ
株式会社CECIL代表取締役
株式会社Office樹 代表取締役

2007年mixiで自身の授乳後のおっぱいを育てた育乳法を公開
港区高輪にサロンが…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円