list
【新社会人必見】ヒールで足が痛い!スーツで肩こり!それって姿勢と歩き方が原因かも?
画像出典:
Adobe Stock

【新社会人必見】ヒールで足が痛い!スーツで肩こり!それって姿勢と歩き方が原因かも?

SNSでシェアしよう!

新生活が始まり、新しいスーツにヒールで気持ちが引き締まるこの時期。なのにヒールで足が痛くて歩けない・・・慣れないスーツで肩が重い・・・なんて事は、ありませんか?

姿勢や歩き方が悪いのかな~と思っていてもどうすれば良いのか分からない!そんなお悩みがある女性へ向けて、お伝えしたいと思います。

ヒールで足が痛くなるのには原因があった!

せっかく買ったお気に入りヒールだけど、家に戻る頃には足が痛くて耐えられない!靴擦れがひどくて、もう履けない。なんてよく耳にする事があります。まず必要なのは、自分の足に合ったヒールを選ぶこと。これ、本当に大事です。意外と自分の足に合っていない靴を選んでいる人が多いのです。

足を痛めやすい原因~靴選び~

ちゃんと指が靴の中で伸びていない

足の指に、タコができていたり、脚の裏の一部の皮膚が固くなっている方は指が伸びていない事が多いです。

踵がパカパカして脱げやすい

歩いている時に、踵が脱げやすかったり、また背伸びをした時にヒールが脱げるのはサイズが合っていない証拠。1度しっかりと足のサイズを測ってみましょう。

足を痛めやすい原因~歩き方~

膝が曲がっている

膝が曲がってしまうという事は、重心がしっかりと母指球(親指の付け根あたり)に乗れていません。母指球ではなく、踵など誤ったとこに重心がのる事でバランスが悪くなり足に負担がかかってしまいます。

猫背でお腹が引き上がっていない姿勢

猫背など、身体が丸まると腹筋に力が入りません。ヒールの高さがある靴では、特にお腹を引き上げておかないと姿勢がすぐに崩れます。いわゆるへっぴり腰の姿勢になると、ヒールの中で足が前に滑りやすく痛くなるのです。

ヒールで足が痛くなるのには原因があった!
画像出典:
Adobe Stock

ヒールの時には、どんな事に気をつけて歩くといいの?

上記では、ヒールで歩くときに避けたいポイントをお伝えいたしました。なので、ヒールでの正しい歩き方はその逆を意識すればOK!

①膝を伸ばす

膝が伸びた状態で、足が地面に着地することで、母指球に重心が乗りやすく歩きやすくなるだけでなく、脚のラインも真っすぐに!前ももが張りやすい方や、O脚の方はこの膝をまっすぐ伸ばすことをより意識していきましょう。

②お腹を引き上げる

ヒールが高くなれば高くなるほど、腹筋に力をいれないとグラグラしてしまいます。お腹を引き上げるイメージで立つだけで、見た目の印象もスッキリし、足への負担も軽減されます。

そしてもう1つ!
③腕をしっかりと振ること

腕をしっかり振る事で、脚が上がるので、脚を引きずって歩く事を防ぐことができ、母指球へ重心をのせることができます。足音が大きい人は、特に腕を振る習慣をつけていきましょう。

ヒールの時には、どんな事に気をつけて歩くといいの?
画像出典:
Adobe Stock

姿勢を正して腕を振るだけで、肩こり解消!?

そして、実は腕をしっかりと振る事で肩こり解消にも繋がるのです。スーツを着ているとどうしても、動きが小さくなりがち。

腕を動かせないことで血流が滞って、肩こりといった凝りが発生しやすくなるのです。肩甲骨同士を引き寄せるイメージで、腕を後ろへ引いてみましょう!そうすることで自然と腕の振りがしやすくなります。

いかがでしたでしょうか?毎日の通勤時間に、少し意識して歩くだけで今抱えている足の痛みや肩こりが、解消されるかもしれません。ぜひ少しずつ、生活に取り入れて習慣にしてみてください。

姿勢を正して腕を振るだけで、肩こり解消!?
画像出典:
Adobe Stock

執筆者

倉田 明奈 ウォーキング講師
倉田 明奈 ウォーキング講師

【プロフィール】
Cs'ウォーキングスクール大阪本町校代表

「綺麗に歩きたい!」と思い、大学生の時にCsウォーキングスクールへ通う。航空会社での経験を経て、姿勢や歩き方を変えると疲れにくく健康的に、そして第一印象UPに…

Related Posts

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
Adobe Stock 

PR

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円