list
寒~い冬でも室内で!さあ、フラフープダイエットを始めよう
画像出典:

寒~い冬でも室内で!さあ、フラフープダイエットを始めよう

SNSでシェアしよう!

冬は寒いためダイエットがサボりがちになってしまう…、そんな人は室内でできるフラフープダイエットに挑戦してみましょう。フラフープは有酸素運動ですので、継続すればダイエット効果が期待できます。1回たった10分でできるフラフープダイエットのやり方を紹介します。

フラフープダイエットのやり方とは?

フラフープダイエットではフラフープを回すのですが、この時にいくつか注意点があります。まず、足を肩幅に開いて膝は少し曲げ、リラックスした状態で行います。右に回す時は右足を一歩前に、左に回す時は左足を一歩前に出しましょう。腰を回すというよりも、腰を前後に動かすことを意識するのがポイントです。

これらの注意点を踏まえて、フラフープダイエットを行いましょう。1回のフラフープダイエットに掛かる時間は約10分です。まずは右方向に4分間フラフープを回し、2分間休憩します。休憩を挟んで次は左方向に4分間フラフープを回します。

やり方はたったこれだけですが、意外とハードな運動です。慣れてきたら休憩時間を短くしても良いですが、初めのうちは無理せず休憩を挟みながら行いましょう。

フラフープは有酸素運動ですので、20分以上行うことで脂肪燃焼効果をより高めることができます。そのため、1回10分のフラフープダイエットを、1日2回から3回程度行いましょう。室内でできることから天候や時間に左右されないため、冬でも続けやすいダイエットと言えます。

フラフープダイエットでインナーマッスルを鍛えよう

フラフープダイエットは、脂肪を燃焼するだけでなく体質改善にも効果的と言われています。その理由は、インナーマッスルを鍛えることができるためです。フラフープを回す際に重要となるのが腰ですが、腰を動かすことで骨盤の周りにあるインナーマッスルが鍛えられます。インナーマッスルを鍛えることで代謝がアップするため、痩せやすい体に近づくでしょう。

また、腰を動かすことで骨盤矯正にも役立ちます。骨盤の歪みは内臓の位置をずらしてしまうことから、ポッコリお腹の原因となります。そのため、フラフープダイエットを続ければポッコリお腹を改善することができるでしょう。

フラフープをする前後のストレッチも忘れずに!

フラフープに限らずどんな運動でも言えるのが、ウォーミングアップとクールダウンの大切さです。たかがフラフープですが、ウォーミングアップを怠ることで腰を痛めてしまう可能性があります。そのため、しっかりとストレッチをして体をほぐしてからフラフープを行いましょう。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

痩せたい絶対に

<卒業宣言>これが最後のダイエット!
22,000円⇒【初回限定】5,000円

24/7 PCフッター固定